わかりやすいパターン認識 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ↳ 子供を賢く育てる » わかりやすいパターン認識

わかりやすいパターン認識

[パターン認識] ブログ村キーワード

パターン認識という言葉をご存じでしょうか

パターン認識とは「何らかの入力が与えられた時にその入力パターンを解析して適切なカテゴリーに分けること

暑いのに何を難しいことを言ってるのかよく分からん!!! と、お叱りの言葉が聞こえてきそうですが、パターン認識を使っているものは意外と身近にあるものなのです。

例えば自動販売機に紙幣や硬貨を投入した時に入れた硬貨を認識してジュースが買えますよね、これもパターン認識
パソコンなどで文章入力する際にキーボードを使わずに音声だけで文章が書けますが、これもパターン認識のひとつ
セキュリティで個人認証の技術が取り入れられていますが、これもパターン認識の応用例
人工知能などもパターン認識が取り入れられています。



▼ 普段の生活でのパターン化のメリット ▼

随分と昔の話になりますが小学生の時にクラス対抗の剣道の試合があったのですが、私の対戦相手が当時の剣道部の副主将・・・当然、周りの期待感も薄く、とりあえず防具を着けて試合に臨みました。
試合は始めから相手の猛攻を受け守るだけで精いっぱいだったんですが、ここで相手の攻撃のパターンが一瞬見えました。
右足を大きく踏み込むときは「面」「胴」「コテ」の順番で来るのが試合のパターンで掴めました。
つまり相手が攻撃体勢に入る「右足」が大きく踏み込んだときは上段の構えで面が来ますから、ここで胴を入れるだけです。
多分、剣道部での練習がパターン化されていたのでしょう。「メン」「ドー」「コテ」のパータンですから、このパターンに気が付けば簡単に試合に勝てます。

スーパーやコンビニなどで雨の日には「カサ」が良く売れ、暑くなれば「枝豆」「ビール」が飛ぶように売れます
このパターンを知っていれば品切れさえしなければ黙ってても売れるので仕入れを多めにし在庫を切らさないようにします。
ポスレジの分析とパターン認識を勉強するだけでロスが少なくて売り上げが上がるパターンを見つけることが出来ます。

パターン認識と聞くと「難しい」とソッポを向く前にパターン化することでのメリットも増えますので、生活や仕事、スポーツなどに取り入れてみてはいかがでしょう。

楽天ブックス → わかりやすいパターン認識 [ 石井健一郎 ]

アマゾン → わかりやすいパターン認識



[相対性理論] ブログ村キーワード子供が成長していくと家庭にいても色々と質問してくるクイズ番組の簡単な問題やドレミファドンならいくつか当てることもできるが、難しい学問のことを聞かれるとチンプンカンプンになることも多い。孔子の論語は有名なものだけいくつか知っているのだがアインシュタインの相対性理論ともなると「アイ~ン」と志村けんの真似でごまかしてしまう・・・出来るだけ簡単に相対性理論をこたえることがで...
相対性理論とは

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛