2025年 韓国はなくなっている - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 本・写真集・電子書籍 » 2025年 韓国はなくなっている

2025年 韓国はなくなっている





タイトルだけを見てついつい買ってしまった


韓国との外交問題や北朝鮮との核・拉致問題、中国の海洋進出など東アジア周辺は共産圏と民主主義が入り混じり混沌とした地形になっていることに気づくでしょう。


じゃ~とりあえず地図を逆さまにして見て見ると日本は、こんな位置にいるんですね。


太平洋のずっと上の方にアメリカが位置していて日本を防波堤代わりに捉えているのが良く分かる。


北は大国、ロシアと中国に睨まれ、南は韓国と北朝鮮が鎮座する。


同盟国でありながらも、共産寄りの韓国は日本に協力するどころか、過去の戦争責任ばかりを追及し最早、日本の見方とは言い難い。


この地政学は日本は昔から戦術に取り入れており国際的な評価も高い

日清戦争以降は傀儡国家満州を作りロシアの南下を阻止したり

日本海の防衛にも役立てている


地図を逆さまに見ることで気づくことは「太平洋への出口」を日本が塞いでいること

大国、中国から見れば南下するには制約が多すぎるチョークポイントが、いくつも点在するため地政学的に見れば中国にとっては圧倒的に不利になる。


では本題の韓国が2025年に無くなってしまうワケとはいったい何?


著者は2025年に韓国が統一朝鮮になるため無くなってしまうと予見している。


確かに北朝鮮の歩み寄りにより核放棄が実現すれば南北統一は大いにありうる。


ただ現実的にみると韓国との外交を望まない日本政府の姿勢も強硬的になっているのは懸念材料ではある。


読んでいくと分かるのだが、ただの嫌韓本の類ではない

この本を読むと韓国が日本に対する国際条約を守らない理屈も理解できるから不思議である。

ただ単に年号から歴史を覚えるだけでなく、地政学的な見解で東アジアを覗いてみると過去に起きた戦争の理屈も良く分かる。

さすがにアマゾンさんでベストセラーになるだけのことがある良本である。


楽天 → 日本人が知るべき東アジアの地政学〜2025年 韓国はなくなっている〜 [ 茂木誠 ]


アマゾン → 日本人が知るべき東アジアの地政学 ~2025年 韓国はなくなっている~



[日本 韓国 制裁 海外反応] [日本 韓国 戦争 シミュレーション] [日本 韓国 輸出規制 影響]

#韓国 

#日韓関係 

#日韓外交
関連記事