スノーグリップ タイヤグリップ 違い - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

    なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 車・バイク・自転車 » スノーグリップ タイヤグリップ 違い

    スノーグリップ タイヤグリップ 違い




    急な積雪や路面の凍結で困ってしまうことってドライバーにとっては一番大変なことかもしれませんね。

    特に凍結路面は日陰や橋、トンネルなど知らずに走っているとスリップでヒヤリってこと多い。

    タイヤの制御が完全に失われますので大事故になる可能性もあります。

    寒冷地ではブラックアイスバーンといった現象が一番危険。

    天気予報などで積雪情報や気温の状態は毎日チェックが必要です。

    積雪の予報によってはスコップ、長靴、軍手、スノーヘルパー、牽引ロープなどを準備しておくことが必要です。


    スノータイヤやスタッドレスタイヤに交換する時期って人それぞれ

    寒冷地にお住まいの方なら「朝起きたら雪で真っ白」なんてことも多いのでは。

    朝からタイヤ交換する時間もないときに便利なのがスプレー式のタイヤチェーンが人気です。


    スプレー式タイエチェーン スノーグリップはノルウェー製のスプレーチェーン


    ◆ スノーグリップ タイヤグリップ 違い

    積雪や凍結の多いノルウェーで開発・製造されているスノーグリップはUSAでライセンス販売されているタイヤグリップ TYRE GRIPと実は中身は同じ。

    成分・容量とも同じで1本あたり約20本分のタイヤに使えます。

    名前が似ているので間違いやすいのですが、間違えても中身が一緒ということで妙な安堵感があります。

    後は価格の勝負ってことになりそうです。



    スノーグリップの効果

    スノーグリップの持続効果は約70km継続可能

    1缶でタイヤ20本分にスプレー可能

    凍結路面では普通のタイヤに比べ摩擦力が300%アップします

    北欧・北米など豪雪地帯ではスタッドレスタイヤにもスプレーしています。

    凍結路面ではスタッドレスタイヤでも危険で特に古くなってくるとスタッドレスといえども安全ではありません。



    急な積雪、凍結、タイヤ交換している時間の無いとき、などにスプレーしていただくだけで安心して車の走行ができます。

    不測の事態に備えて1本備えているだけでも随分と安心ですよ。

    夏季の高温になるときは車のトランクに入れっぱなしにはしないでください。

    スノーグリップの取扱店はカー用品店や通販サイトでお求めいただけます。

    スノーグリップは楽天、アマゾンなどで扱っていますのでお求めの際はお好きな通販からお選びください。

    ※ 現在、スプレー式タイヤチェーン スノーグリップとタイヤグリップは楽天やアマゾンでは取扱はないようです。
    ※ 似たような効果のあるスプレーチェーンはこちら


    ◆ 楽天市場 → スプレー式タイヤチェーン スノーグリップ snow grip 450ml


    ◆ アマゾン → SNOW GRIP スノーグリップ スプレー式タイヤチェーン 450ml


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/963-e5b7f720