ブリタ 日本仕様 違い | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > キッチン・キッチン用品 > title - ブリタ 日本仕様 違い

Article

        

ブリタ 日本仕様 違い

2021/ 11/ 28
                 




浄水器 ブリタ カートリッジの最安値はアマゾンか楽天で探すのが一番早い

アマゾンでベストセラー1位のブリタカートリッジは → ブリタ 浄水 ポット カートリッジ マクストラ プラス 4個セット



フィルターの交換時期は一日に3.5L使った場合、2か月ごとの交換が目安とされています。

こちらのカートリッジは日本仕様となっているため日本の水道水の水準に合わせて開発、製造されたものです。

並行輸入品のカートリッジを使う場合はこの点を注意しなければいけない。


濾材種類はイオン交換樹脂、活性炭でろ過しています。

上記の濾材の働きにより塩素、総トリハロメタン、鉛、ニオイや味に影響する物質をしっかりと濾過してくれる。

飲みなれた水道水を「まろやか」「美味しい」水に磨き上げてくれる。

遊離残留塩素 → 除去率80%

溶解性鉛 → 除去率80%

総トリハロメタン → 除去率80%

2-MIB → 除去率80%

CAT農薬 → 除去率80%

その他の除去物質は詳細ページでご確認を。


水の軟水と硬水の違いって何?


ブリタカートリッジを探していると「並行輸入品」「ヨーロッパ仕様」などと明記されている場合がある。

日本の水の硬度は一般的に「軟水」のものが多くヨーロッパでは「硬水」が多いとされている。


この軟水と硬水ができる過程においてその風土や地形が影響されることが大きいという。

日本のように山の頂上から浄水場までの距離が比較的短い場合はミネラル分の少ない「軟水」

ヨーロッパなど雄大な大陸を時間をかけて流れてくる水にはミネラル分が多く「硬水」となる。


一般的に「軟水」は赤ちゃんのミルクや薬を飲むときの飲み水に適しているという。

まぁ比較的体に優しい水

一方の「硬水」はダイエットやミネラル分の摂取を目的とした健康志向の高い方に勧められている


水の硬度が違うということはそこに含まれるミネラル分にも違いが出てくる。

浄水器のカートリッジを選ぶ際はこのような水の性質も考慮し「日本製」「日本仕様」のものを選ぶのがポイントとされる。

価格がいくら安くても濾過能力がない「正規品」を買っても無駄のように思われる。

ブリタカートリッジを買う際の参考にしていただければ幸いです。


◆ Amazon → ブリタ マクストラ プラス 4個セット [並行輸入品]


楽天市場で「ブリタカートリッジ」で検索すると「ヨーロッパ正規品」が上位に表示されていることがある。
こちらのサイトで紹介するものは「日本仕様」となっているためこちらをチョイスしています。


◆ 楽天 → ブリタ Brita マクストラプラス カートリッジ 6個セット


◆ アマゾン → ブリタ 浄水 ポット カートリッジ クラシック 3個セット 【日本正規品】



あわせて読みたい

ラッセルホブス×ブリタ ウォーターフィルターケトル 1L

ブリタ カートリッジ 最安値

ブリタ ボトル型浄水器 600ml

整水器と浄水器の違い

ハサル液 効果


[ブリタ 日本仕様 違い] [ブリタ カートリッジ 日本製] [ブリタ カートリッジ 日本仕様] [ブリタ カートリッジ 違い] [ブリタ 軟水] [ブリタ カートリッジ 並行輸入品 違い] [amazon ブリタ カートリッジ] [アマゾン ブリタ] [ブリタ 比較]
関連記事