昭和西川と東京西川の違い - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

    なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 寝室・ベッド・寝具・睡眠 » 昭和西川と東京西川の違い

    昭和西川と東京西川の違い






    寝具メーカーで有名な西川布団


    東京西川や昭和西川など西川という名前のつく寝具メーカーがあり

    どれが本物の西川?」

    と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。


    実は寝具の西川はいくつかのグループに分かれているのだとか

    東京、大阪、京都、昭和の西川と心斎橋、日本橋の西川

    前者の西川は寝具メーカー、後者は寝具販売店なんだとか


    また東京、大阪、京都の西川は連携関係にあるのですが昭和西川は連携がないという。

    まぁ同じ西川布団でもいろいろと事情があるようですね。

    ただそれぞれの特徴としては個人的な見解として

    東京西川は羽毛布団、大阪西川はオーダーマットレス

    ウレタンマットレスを否定する京都西川(※個人的に)

    などのこだわりを持っているのではないかと感じています。

    東京西川と昭和西川では連携が無いという結論になるのでしょうね。

    西川布団の購入を検討している方は、このようなメーカーの存在を理解することで布団選びにも参考になるではないでしょうか。


    ちなみに現在は東京西川の正式名称が西川産業で西川一族が経営する会社の中で最も規模が大きい

    西川リビングはキッズ・ベビー向けが有名

    昭和西川はムアツ製品が有名








    花粉、ハウスダスト、ダニによるアレルギー対策をお考えの方にお勧めなのが「フトンカバーの見直し

    意外と簡単なところなんですが、ここが一番の発生源

    チリやホコリなどはフトンの中に潜んでしまいます、そこに寝汗などで湿気が加わることでダニの隠れ家になってしまう。

    そのダニの死骸やフンを吸い込むことで喘息や気管支炎などの症状を引き起こすといわれています。

    マクラやフトンのカバーを見直すだけでもアレルギーの予防になるといわれています。

    フトン、寝具の老舗といえば西川布団

    西川布団店のオンラインストアが西川ストアオンライン

    安心・安全な布団を買うなら西川ストアがお勧めです。

    ハウスダストによるダニ、アレルギー症状など布団には危険が潜んでいます。

    大人なら抵抗力もあるのでアレルギー症状は出にくいのですが抵抗力の弱い子供・女性やお年寄りにとってはアレルギーは大敵

    いつも安心できる寝具で質の良い睡眠をとっていただきたいものです。

    西川ストアでお勧めしているのが「ミクロガード

    西川のミクロガードにすると・・・

    ・ホコリの量が少ないのでお掃除が楽

    ・ダニアレルゲンは水に溶ける性質なので自宅でも「丸洗い」が可能で清潔

    ・ミクロガードは超極細繊維で防塵するので化学薬品を使っていません

    ・ミクロガードは吸水性と透湿性に優れているのでベトつかずサラサラ

    ・外干ししても軽くたたくだけでOK

    ・ダニやホコリをシャットアウトしてくれるので室内がクリーン



    まずはミクロガードのカバーで使い心地を実感してください。

    ・ミクロガードボックスシーツ・・・13,000円

    ・ミクロガード ピロケース・・・2,500円

    ・ミクロガード シングルカバー3点セット・・・27,500円

    ・ミクロガード 掛布団カバー・・・16,000円


    ◆ 西川ストアオンライン → あなたの睡眠を変える一枚がここに!昭和西川のムアツふとん!



    ◆ 楽天市場 → 昭和西川公式 ミクロガード ノンキルト敷きふとん(シングル)


    ◆ アマゾン → 昭和西川 ミクロガード ウォッシャブル 2枚合わせ掛け布団



    この記事を読んだ後に読まれている記事

    ダイエット 睡眠で気を付けること


    [昭和西川 東京西川 違い] [昭和西川と東京西川の違い] [東京西川と昭和西川の違い] [京都西川 昭和西川 違い] [昭和西川 楽天] [ムアツ 楽天] [掛け布団 通販] [布団通販 羽根布団] [布団通販サイト] [布団通販 人気] [布団通販ランキング]


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/887-bb9e3ce9