水と塩で発電 LEDランタン | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 防災・停電・ペット用品 > title - 水と塩で発電 LEDランタン

Article

        

水と塩で発電 LEDランタン

2021/ 07/ 18
                 




乾電池や充電が不要ということで話題の水と塩で発電するLEDランタン


発電のメカニズムはマグネシウムと炭素の間に電解質となる塩水を入れることでイオンが溶け出し-から+へ移動することで電気が発生するという優れもの。

乾電池と比べて環境にも優しいクリーンなエネルギーとして注目されています。

しかも海水でも発電できるので海へのキャンプ時には最適なLEDランタン

約8時間ごとに塩水を交換することで最長120時間の使用が可能なので避難所などに数台おいておくと節電対策としてもおすすめですし、停電対策にも一役買ってくれます。


水と塩で発電 ミズシオン 特徴

ミズシオンの発電の仕組みは水+塩+マグネシウム合金

ミズシオンの本体にはマグネシウム合金が組み込まれています

塩水が電解液の役割となり発電するシステムです。


ミズシオン 使い方

1.塩を入れる
2.水を入れる
3.発電します※光る


連続点灯可能時間・・・約80時間

照度・・・2000ルクス

交換用パワーバーは別売り

約30時間に一度、塩水の交換が必要です

型番・・・MS-T210WH

使用場所・・・屋内、屋外


楽天 → ミズシオン MIZUSION 水と塩で発電 LEDランタン MS-T210WH


アマゾン → ミズシオン MIZUSION LEDランタン 本体 MS-T210WH


あわせて読みたい

停電になるとランタンは必須

ソーラーパフ キャリーザサン 最安値

発電機 ホンダ ヤマハ 比較 カセットガス式

停電対策はキャンプの備えと似ている

ガーデンライト ソーラー 北欧


関連記事