HOME > 防災・停電・ペット用品 > title - ミニワークスex 使い方

Article

        

ミニワークスex 使い方

2018/ 12/ 16
                 
北海道での登山の際に悩むのが飲み水の確保

沢の水はキレイで美味しいのが当たり前と思っていたのですが、北海道ではエキノコックス症の心配をしなくてはいけない。

エキノコックス症を知らなければガブガブと飲めるのですが・・・知ってしまうとやはり飲むのは無理。

登山でお腹を壊していては命に関わることも少なくない

エキノコックスの菌は煮沸すると死滅するらしいのですが登山では効率が悪すぎる


こんな時に便利なのがMSR ミニワークスEXである

ミニワークスex 使い方

使い方は簡単でミニワークスについているホースを水源に垂らしひたすらポンピングするだけ

1リットルの水筒を満タンにするのに約5分ほど

ミニワークスEXの濾過性能は

エキノコックスや細菌類、農薬、化学物質などを濾過してくれると書いてある

登山や災害などで否応なく池や沢の水を飲まないといけない場合に水の確保が格段に良くなります。



エキノコックス症とは

日本では北海道のキタキツネが主な感染源であるが放し飼いの犬も感染源になることがある

排泄された糞尿に虫卵で汚染された水や食べ物を口腔摂取した時に感染します

この寄生虫にヒトが感染すると肝臓の肥大、腹痛、黄疸、貧血、発熱、腹水などの初期症状があらわれる

成人では通常10年以上を要し放置すると約半年で腹水の貯留により死に至ることもある。

予防には感染源であるキツネや野犬、イヌなどに接触しない

野山に出かけたときは手を良く洗う

キツネを人家に近づけないよう生ごみを外に出さない、エサを与えない

沢や川の水は煮沸してから飲む

山菜、野菜、果物等もよく洗ってから食べる

犬の放し飼いをしない。





地震や台風などで確保したいライフラインに飲料水が上げられます。

ネパールでの大地震でもライフラインが寸断され被災された方は疲弊しているとニュースなどで報道されています。
日本での震災の時と同じように支援物資が現地まで届かず大変な思いをされているとか・・・

特に大きな地震の時は水道がストップしてしまい給水制限が始まり満足な飲み水の確保が困難になります。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんや、飲み薬の多いご年配の方にとっては命に関わる危険も生じます。

市販のミネラルウォーターは真っ先に売り切れになってしまい、コンビニなどでも商品が一本もない状態が連日続きます。

雨水や池の水などを飲み水に変えてくれるとして日本の東日本大震災の時に随分と売れたものの中にカタダインやMSRの浄水器があります。
ポンプ式の浄水器で国内はもちろん海外の治水の整っていない地域に出かけるときに持参した方が増えています。

震災当時は4万円、5万円のものでも飛ぶように売れ品薄状態が続いていたのですが今ではすっかり安定して1万円台のものも出回ってきました。

地震王国、日本では火山の噴火の心配もあり登山などで飲み水を確保するのには、このようなポンプ式の浄水器が必須アイテムにもなります。

品数が豊富で価格も比較的、安定しているこの時期にいろいろと比較、検討してみるのが賢い買い物ではないでしょうか。

通販サイト楽天市場の中でも価格が手ごろで評判の良い浄水器をいくつかピックアップしていますのでお求めの際の参考にしてください。
ちなみに価格は変動することがあるので掲載していません。


上の画像のものです、楽天では → MSR 浄水器 MSR31300 ミニワークスEX


◆ アマゾン → MSR アウトドア用 浄水器 ミニワークスEX 【日本正規品】 31300


◆ 楽天 → KATADYN (カタダイン) バリオ


関連記事