パンパース マミーポコ 比較 | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > ベビー・子供・キッズ > title - パンパース マミーポコ 比較

Article

        

パンパース マミーポコ 比較

2024/ 01/ 28
                 





赤ちゃんの紙おむつ、紙パンツ選びって迷いますよね。

紙おむつの認知度ランキングではムーニーが一番ですが

満足度+認知度ではパンパースが一番という結果になっています。

マミーポコはコスパで一番になっています。

ここでは満足度+認知度が一番のパンパースとコスパで一番人気のマミーポコを比較しています。


パンパース マミーポコ 違い


イメージ分析の比較ではパンパースとマミーポコそれぞれに持たれているイメージの違いが良く分かります。

パンパースは認知率に裏付けられる安心感に加え親近感といった項目も認知率に深く関係しています。

マミーポコはコスパ1位なだけあり、コスパ・経済的な割合がパンパースより大きく上回っています。

またマミーポコは可愛い・萌えの項目も高い値となっておりキャラクターとのコラボデザインが影響していると考えられます。

マミーポコはドラえもんやディズニーを採用

パンパースは、しまじろうを採用


パンパース = 品質


マミーポコ = 低価格


通販サイトのまとめ買いセットタイプだと1枚あたり6円の差がありました。

Lサイズの年齢だと1日あたり3~5枚ほど使うので、1か月で最大900円、年間だと約1万円の差が出てしまいます。

これは結構、大きな差かも知れません。



マミーポコの特徴

マミーポコはパンツタイプですので「たっち」や「あんよ」が出来るようになった赤ちゃん向いている商品です。

ユニ・チャーム独自の12時間吸収ジェルを採用しているので長時間のお出かけにも安心です。

ウエストまでしっかり引き上がるので、たくさん動いても漏れの心配はありません。

ゼリー状のものは高分子吸収材で安全性が確認されており、吸収体のパルプや高分子吸収材は肌に直接触れても影響はありません。


楽天 → マミーポコパンツ オムツ ドラえもん(3個)


Amazon → マミーポコ パンツ ドラえもん オムツ








パンパースの特徴

パンパースのおむつは赤ちゃんや幼児の年齢や成長に合った動きや状況に合わせ、柔らかくて通気性の良い素材でできています。

ねんね期の赤ちゃんには薄くてもモレにくく抜群の吸収力のおむつ

月齢の低い赤ちゃんの、ゆるゆるウンチもしっかり吸収して肌への刺激を軽減します。

紙おむつは、おしっこやうんちを吸収し、おむつ替えの時まで漏らさずに赤ちゃんが快適に過ごせるため多層構造で出来ています。

表面素材の下には吸収紙という、おしっこをキャッチして素早く内部に送り込む役割の素材があります。

その下には綿状パルプに包まれた高分子吸収材があり、ここでおしっこを吸収します。

パンパースが産院で導入されている理由

パンパースの紙おむつは布おむつと比べ、オムツかぶれが少ない、オムツからの粉塵の発生量が少ない、尿量測定が正確にできる、ウイルス伝播の予防に役立つ、衛生的であるという面から優位と認められ、病産院およびNICUでの導入が広がりました。


楽天 → パンパース オムツ さらさらケア パンツ(4個)


Amazon → 【パンツ Lサイズ】パンパース オムツ さらさらケア




あわせて読みたい

おむつゴミ箱 人気

パンパース おしりふき 安い

水99.9 おしりふき ウェットティッシュ

赤ちゃんの紙おむつの選び方

パンパース パンツ ウルトラジャンボ


#マミーポコ #パンパース #オムツ #おむつ #パンツ #ぱんつ #紙おむつ #紙パンツ
関連記事