HOME > 本・写真集・電子書籍 > title - 視力低下と脳の関係 老眼と近視も今からでも回復する

Article

        

視力低下と脳の関係 老眼と近視も今からでも回復する

2020/ 10/ 08
                 
あなたはこんなことを感じたことはありませんか

・ 遠くのものが、ぼやけて見えにくい
・ 本や新聞を読むとき、無意識に文字を読みとばす
・ 歩いている人にぶつかることがある
・ 目の前にある探し物に気がつかなかった
・ 仕事で見落としのためミスが多くなった
・ 野球やテニスなど球技が苦手
・ 車の運転でヒヤリとすることがある
・ 目が悪いのは遺伝が原因…
・ レーシック手術はやっぱりコワイ


突然ですが…あなたは、「脳の働き」に自信がありますか

視力の低下を、単純に目が見えにくくなるだけと、考えている人が多いのですが、実は、そうではありません。

視力低下の大きな原因の1つとして、「脳力」の老化があげられます。

「視力」「脳力」には密接な関係があり、「視力」の低下を防ぐためには、「脳力」の老化を防ぐことが重要なのです。

もし、あなたが日頃から「真剣に視力を回復したい」「手術をしないで視力を回復させたい」とお悩みならコチラの書籍がおすすめ。



近年、日本における視力低下は著しく、人口の5割近くがメガネやコンタクトで視力矯正をしています。

携帯電話やスマートフォン、ゲームやパソコンなどの普及により、視力低下が急激に進んでいるのです。

画面を見続けることにより、目は酷使され、疲れます。

疲れが溜まれば目の筋肉がうまく働かなくなり、焦点がぼやけてしまうのです。

では、目の疲れを取れば、視力は良くなるのでしょうか

目のマッサージをしたりすることで、一時的には良くなるかも知れませんが、根本的には何の解決にもなりません。

視力とは、その名の通り「ものを視る力」です。

でも、実際にものを視ているのは目なのでしょうか



目はあくまでカメラのレンズのようなものであり、実際には「脳」がそれを認識しています。

目から入った情報を脳が認識・判断して初めて「ものを見る」といえるのです。



あなたにはこのような経験はありませんか

「探していたテレビのリモコンが、実は目の前にあった…」

「喫茶店で、目の前に友だちが居たのに気付かなかった…」

「道路の段差につまづいた…」

目には映っているはずでも、見えていないことって、よくありますよね。

これは脳の働きが鈍いために起きる現象です。

つまり、目には映っていても脳が認識しないと、見えていないのと同じことなのです。

それは「脳の活性化と視力は密接な関係にある」ということです。


「視力回復したいのに、なぜ脳を活性化する必要があるの」

きっと、あなたはそう思うことでしょう。

普通の人なら、そう思って当然です。


でも……視力を考えるとき目と脳を分けて考えることが、そもそもの間違いでした。

目と脳は、デジカメのレンズとコンピュータのような関係です。

レンズが取こんだ光の情報をコンピュータが解析してはじめて「写る」ように、目から取り込んだ光の情報を脳が解析してはじめて「見える」のです。

レンズが正常でもコンピュータが壊れてしまったり接触不良だったりしたらデジカメは写せませんよね。

視力も同じです。

視力低下とは目だけのトラブルではなく、脳の不調が原因で起こることも多いのです。

当然、メガネやコンタクトでは、これは改善できません。

つまり、「目」「脳」の能力を合わせてはじめて、「視力」であり、視力回復のカギは「脳の働き」を活性化することにあるのです。


楽天 → 眼の老化は「脳」で止められた! アメリカ視力眼科の即効視力アップ法


Amazon → 眼の老化は「脳」で止められた!―アメリカ視力眼科の即効視力アップ法


関連記事