ワイヤレスイヤホン おすすめ 驚愕のノイズキャンセラー - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > タブレット・スマホ・周辺機器 > title - ワイヤレスイヤホン おすすめ 驚愕のノイズキャンセラー

Article

        

ワイヤレスイヤホン おすすめ 驚愕のノイズキャンセラー

2020/ 09/ 27
                 



ノイズキャンセラーが秀逸なワイヤレスイヤホンだと思います

驚きの静けさで自分の耳を疑うほどビックリ

外出先でも集中して読書ができ、受験生には超おすすめ。


音質的にもAirPods proは極めて良好

電車内でもクリアな音質で聞き取りやすい

値段が高めですがデザイン、音質ともに満足できます

何よりも電車内の音飛びが格段に少なくなりました。


ノイズキャンセル機能を使うことで周りの騒音が遮断され、リスニングの集中力がアップする。



有線イヤホンと比べてみたメリット・デメリットとしては

iPhoneとの連携がよく、無線なのでタッチノイズがなくなるのがメリット

デメリットとしては音量調節がスマホから必要、Bluetooth機能は必須、充電の必要がある点くらいかな


今まで騒音防止のために音量を上げていた方はノイズキャンセラーを使うことで音量が小さくても聞き取りやすくなり、耳へのダメージも軽減するのではないでしょうか。


充電方法も、ただケースに入れるだけで、とても楽


ワイヤレスイヤホン 注意点

ワイヤレスイヤホンは最初にBluetoothとペアリングを行えば、あとは簡単に使うことができます

ワイヤレスイヤホンやヘッドフォンで長時間、大ボリュームで音楽を聴く人が増えています。

それに伴い聴力の低下が増えており、騒音性難聴や音響外傷に悩む方も増えています。

難聴の主な症状は聴力の低下、耳鳴り、めまいなど

音の低域が聞こえにくい低音難聴や音がこもって聞こえることが多いようです。

軽度難聴では、会話を聞き返すことが多くなる、遠くからの呼びかけが聞きにくくなる、ヒソヒソと小声で話ができなくなる、などの症状があり難聴を避けるためには音量はできるだけ小さく必要があります。

難聴にならないための予防策として

・ 音量を下げる
・ 長時間の使用を避ける
・ イヤホン、ヘッドホンを使わない日を作る
・ 使用機材の遮音性を上げる
・ カナル型イヤホンを使う
・ イヤーピースを遮音性の高いウレタンフォームに変える。

など、難聴にならないための対策を意識しながら使うようにしましょう。


大ボリュームを避けるためのワイヤレスイヤホンをお探しの方にお勧めなのがAirPods pro

AirPods proは楽天、アマゾンなどでランキング入りしているワイヤレスイヤホンで音質の良さとノイズキャンセラー機能が高評価を受けているワイヤレスイヤホン。


楽天 → AirPods pro MWP22J/Aエアポッズプロ


アマゾン → Apple AirPods Pro



関連記事