HOME > ↳ 新型コロナウイルス > title - 知らないと損する 新型コロナウイルス 給付金 助成金

Article

        

知らないと損する 新型コロナウイルス 給付金 助成金

2020/ 09/ 13
                 




新型コロナウイルスの影響で国民に対して特別給付金10万円が支給されましたが様々な職業・職種によって貰える助成金があります。

まだまだ終息を見せない新型コロナウイルスですが少しでも経済的に行き詰まらないよう補助金や助成金のことを知っておきましょう。

例えばアルバイトをしている方の収入が大幅に減った場合には20万円

児童扶養手当の給付水準にあるひとり親家庭には5万円

離職・休業による収入減には家賃三か月

事業収入が50パーセント以上減少した事業者には200万円

テレワーク導入を進める事業主に100万円

など申請をすることでもらえる給付金や補助金、助成金を知っていると少なくとも減少した収入を補うことができます。


また自治体によっては感染拡大防止協力金なども支給できるようです。

この他にも雇用調整補助金、小学校休業等対応助成金、小学校休業等対応支援金などが国から支給されます

中小事業者に対し上限が50万円までの小規模事業者持続化補助金は上限が100万円に引き上げられています。


給付金、協力金、助成金、補助金とたくさんの言葉が急に氾濫していますので迷うことも多いようです。

またコロナ関連の支給金が一か所だけでなく各省庁から出ているのも混乱に拍車をかけていると言わざるを得ない。

更にこのような助成金や補助金は貰える期間が設定されているのも少なくありません。

コロナで収入が減少した、仕事がなくなった、家を手放しそうである、ローンが払えないなどなど生活や事業に困ったら給付金や補助金を調べておくのも生き延びる術ではないでしょうか。

また、普段から国や各省庁、自治体のコロナ対策による給付金を確認しておくとよいでしょう。


アマゾン → 新型コロナウイルスお金の対策 実はあなたももらえる 知ると得する給付金・補助金


楽天 → 新型コロナウイルスお金の対策 実はあなたももらえる 知ると得する 給付金・補助金



関連記事