HOME > 防災・停電・ペット用品 > title - 台風の大きさと強さと備え

Article

        

台風の大きさと強さと備え

2020/ 09/ 03
                 
台風とは北西太平洋や南シナ海にあり最大風速が約17m/s、34ノット、風力8以上のものを台風と呼びます

ヘクトパスカル※hPaとは気圧をあらわす単位です。

地上の標準気圧は1013hPaで、1013hPaよりも高ければ高気圧、低ければ低気圧とよびます。

台風の発生時の気圧は1000-990hPaで発達すると940-930hPaになり稀に物凄く発達すると900hPaなどになることもありますが、日本では910hPa以下で上陸した台風はないようです。


台風の大きさ
※風速が秒速15メートル以上の半径

超大型※非常に大きい → 800km以上

大型※大きい → 500km以上800km未満


台風の強さ

猛烈な台風 → 秒速54メートル以上 ※105ノット以上

非常に強い台風 → 秒速44メートル以上秒速54メートル未満 ※85ノット以上105ノット未満

強い台風 → 秒速33メートル以上秒速44メートル未満 ※64ノット以上85ノット未満

台 風 → 秒速17メートル以上秒速33メートル未満

熱帯低気圧 → 秒速17メートル未満


台風の備え チェックリスト

□ 物干しざおや植木鉢は屋内にいれる
□ 雨戸やシャッターをおろす
□ 湯船に満タンの水を貯め飲料水の確保
□ 家の近くの避難所がどこか確認し情報は家族と共有
□ 側溝や排水溝の掃除
□ スマホ、モバイルバッテリーの充電
□ カセットボンベコンロ、懐中電灯、非常食など非常用品の確認
□ 非常用持ち出し袋の中身の確認


台風の備え 三つの満タン

1.浴槽を満タン

2.車のガソリンを満タン

3.スマホの充電を満タン

夏場の停電時に家のエアコンを使えない場合は車のエアコンでクールダウンしましょう


停電時の家庭用発電機 おすすめ



災害時の電源確保と電動工具用のために購入
移動の際に楽な軽量タイプ
一応防音にはなっていますが静かな住宅街ではそれなりに音はします
電動工具を使っところ電力が不安定になることもなかったです
冬季の低温期間においても始動が可能なため冬の停電時も安心
電力ワット数が1000ワット以上のものはブレーカーが落ちるので電動工具を使うならワット数は確認しておいた方が良いと思います。
高出力の発電機になると移動が大変なので迷うところではありますが


楽天 → ヤマハ インバーター EF900iS


アマゾン → ヤマハ インバータ発電機 EF900iS 0.9kVA [50Hz/60Hz]



関連記事