糖尿病とお酒 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 健康・サプリメント > title - 糖尿病とお酒

Article

        

糖尿病とお酒

2020/ 04/ 03
                 
糖尿病で怖いのは合併症

糖尿病で病院いって「目が見えなくなる」とか「腎臓透析が必要かも」と脅かされた経験をお持ちの方も多いのでは

実際に透析の導入や途中失明の原因の1位が糖尿病

何をやっても血糖値が下がらない

それはそもそも治療法が間違っているのでは

糖尿病を克服するには正しい方法を知る必要があります。

糖尿病の薬やインスリンに頼らない健康な生活を取り戻したいとは思いませんか


糖尿病とお酒


日本酒を飲むと糖尿病になる、と漠然と不安を持っている方も多いのでないでしょうか。

肝機能低下を避けるためにはアルコール摂取量を抑える必要がありますが

糖質制限が必要な人は糖質摂取のコントロールが必要になります。

日ごろ飲んでいるアルコールの糖質量を知っておくことで健康管理にも役立つのではないでしょうか。


日本酒純米酒 → 酒量162ml → 糖質5.8g → カロリー167

ビール → 酒量540ml → 糖質16.7g → カロリー216

ウイスキー → 酒量60ml → 糖質0g → カロリー142

焼酎 → 酒量68ml → 糖質0g → カロリー140

赤ワイン → 酒量215ml → 糖質3.2g → カロリー157

梅酒 → 酒量196ml → 糖質40.6g → カロリー306


ちなみに日本酒とビールの100mlの糖質量は純米酒が3.6g、ビールが3.1gと差はそれほどありません。


ただしお酒は飲むペースで糖質量が違ってきます

ビールだと100mlくらいならグビグビとあっという間に飲み干してしまいますが日本酒の場合はお猪口に注いで少しずつ味わうので急激な血糖値の上昇を抑えられる。

ビール中瓶1本と日本酒1合の糖質の差では日本酒の糖質量6.5gに対しビールの糖質量15.5gと約9gもビールの方が日本酒よりも多い。

なので日本酒を飲むと糖尿病になる、という風評は間違いということになります。


楽天 → 糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる 真面目な人ほど間違っている!


アマゾン → 主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ



関連記事