大豆の栄養 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 食品・飲み物・ふるさと納税 > title - 大豆の栄養

Article

        

大豆の栄養

2020/ 02/ 11
                 



節分の豆まきに使われるのが大豆

そのまま煮たり炒ったりして食べられだけでなく、豆腐、納豆、豆乳、味噌などいろいろと姿を変えて昔から食べられてきました。

大豆をうまく食生活に取り入れてきたことが日本の長寿のひみつの1つとも言われています。


タンパク質

畑の肉と言われるほど体を作るために必要な良質なタンパク質が豊富に含まれています


ミネラル

骨や歯を丈夫にするカルシウムや血を作る材料となる鉄分など、成長期に特に大切なミネラルがたっぷり含まれています。


ビタミン

ビタミンB1やB2が多く含まれており、エネルギーを作ったり健康な皮膚や粘膜を作るのに役立ちます。



大豆は中国では米、麦、粟、黍、稗とともに数千年も前から作られてきました。

大豆にはイソフラボンや食物繊維などの機能性成分が多く含まれており健康に及ぼす効果も注目されています。


大豆の栄養効果

大豆の一粒には様々な栄養が詰まっています。

タンパク質、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅など

栄養素の種類がとても豊富です。

また大豆にはコレステロールがまったく含まれていないことも分かっています。

大豆のタンパク質は肉のタンパク質と比べ低カロリー。

栄養価を評価するアミノ酸スコアでは大豆は肉と同じく最高値の100。

体内合成が難しい必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

大豆のタンパク質は消化吸収率も大変良いことも分かっています。

タンパク質が不足すると体内にすでにあるタンパク質が分解され使われるため体力が落ちてしまいます。

血管が弱くなったり子供の場合は体の成長に影響を与える可能性もあります。

毎日、適度なタンパク質を摂取することは健康を維持するうえでとても大切です。



楽天 → まめやの底力 北海道産大豆 1kg


アマゾン → 国産(北海道) とよまさり大豆 1kg



関連記事