ガソリン販売規制強化




災害用に自宅でガソリンの備蓄をしている方も多いと思いますが京都アニメーションの放火殺人事件を受けてガソリンの販売が強化されます。


携行缶などにガソリンを入れる際に販売事業者に販売義務が生じます。

・ 購入者の身元確認

・ ガソリンの使用目的

・ 記録の保存

などがガソリンを販売する事業者に義務付けられます。


ちなみに車への給油は対象になっていません。


ガソリンスタンドで働く従業員はガソリンの購入者に運転免許証などの提示を求め身元を確認し

使用目的を尋ねなくてはなりません。


氏名、住所、販売日時、数量などの記録は1年間を目安に保存する。

また確認を拒む不審な客が来た場合は警察に通報することとなっています。

今後、ガソリン携行缶を持ってガソリンを購入する際は店員さんから確認されることが多くなるようです。

ちゃんと店員さんの指示に従って正しくガソリンを購入するようにしてくださいね。



ガレージ・ゼロの安心・安全な携行缶20リットル

・ もしもの時のガソリンの備蓄に

・ 発電機や草刈り機、チェーンソーの燃料の持ち運びに

・ ガソリンを使用するジェットスキー

・ 車やバイクの予備燃料として


☆4 近くのホームセンターで売られていたのと同等で価格は半値以下でした

☆4 両手で持てるよう工夫されていますが手の大きい方は片手だと持ちづらいかも知れません

☆4 値段以上の携行缶です。作りはしっかりしています。クオリティーも高い。

☆4 持ち手が頑丈に出来ています。キャップは鉄製なので使っていくうちに渋くなっていくようです。

☆5 コスパで文句なし。大きな容量で満足しています。



楽天 → ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 横型 20L 赤


アマゾン → ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 20L


合わせて読まれています

ガソリン携行缶 20リットル 使用方法を知っておきましょう

ガレージゼロ ガソリン携行缶

関連記事

検索フォーム

カテゴリ