学力低下の原因 スマホ 睡眠不足 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム »  » ↳ 子供を賢く育てる » 学力低下の原因 スマホ 睡眠不足

学力低下の原因 スマホ 睡眠不足

子どもを賢く育てる、ハズがなかなか成績が伸びない


予習、復習をちゃんとやっているのに成績が上がらないのは睡眠やスマホが原因 ?


・ 授業中に居眠りをする

・ いつもボンヤリしている

・ 試験前の一夜漬けは効果がない


寝不足が原因で成績が上がらないのは学習したことが脳にしっかりと定着していないのが原因と言われています


記憶の定着に作用があると言われているREM睡眠が寝不足により機会が減ってしまう。


睡眠不足に陥っている子供は脳の中にある海馬という部分の体積が小さくなっているという調査結果があるそうです。


海馬は記憶や学習に関する必要な機能を担う部分


寝不足は脳の発達にも悪影響があります


夜はしっかり寝て、効率よく脳に定着するよう日常的にしっかりと睡眠を挟みながら生活することが大切です。


睡眠と同じくらい学力に影響を与えているのがスマホ


スマホを止めるだけで偏差値が10あがると訴えているのが川島隆太さんが書いた「スマホが学力を崩壊する」


私も常々思っていることの一つに18歳未満の子供へのスマホの禁止


スマホを売ることばかりに一生懸命にならずに子供のスマホへの悪影響を考慮しスマホの18歳未満の禁止を実現してほしいものです。





・ スマホを4時間以上使うと2時間分の学習効果が消える

・ スマホを持つようになった生徒は成績が下がった

・ スマホを使わくなったら成績が急回復した

・ LINEなどのメッセージアプリは集中力に悪影響を及ぼす

・ スマワ+テレビの「ながら行動」が成績を一気に下げる

・ 使っているアプリ数が多いほど学力が低下する

・ 1日に1時間以内と制限できる子供は4人中1人だけ

・ スマホの長時間使用は脳に悪影響を与えている可能性も


我が家の中三の娘も夏休みや冬休みはスマホばかりしています。

1日に2時間から6時間くらいは当たり前

でも「スマホ禁止」を宣言すると成績は上がります。と断言したい。

スマホやテレビは情報量が多すぎて消化に時間がかかってしまい、納得できないうちに次の情報が次々と脳に入ってくる。

スマホを使っている時間帯は、まったくの「無」の状態と言っていいほど何も考えなくても情報だけは視覚から脳へ送られます。

この何も考えなくても情報だけ入ってくるというのが脳に悪いようで考える力がつかないどころか、今まで蓄積した学力までも低下させているとは、とても残念。

子どもにスマホを与えている親御さんや教育関係者の方は一読する価値が大いにあると思います。




楽天 → スマホが学力を破壊する


アマゾン → AI vs. 教科書が読めない子どもたち


関連記事