マッカーサーが一番恐れた男とは - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 本・写真集・電子書籍 » マッカーサーが一番恐れた男とは

マッカーサーが一番恐れた男とは

泣く子も黙るダグラス・マッカーサー元帥


第二次世界大戦後の連合国軍最高司令官として日本に進駐、日本占領の最高権力者として占領政策をした方です。


つまり敗戦後の日本をアメリカの都合よく変えた人ですね。


日本は無条件降伏だから言いなりです。


この泣く子も黙る最高司令官マッカーサーさえ恐れたという日本人に石原莞爾という方がいます。名前の莞爾は「かんじ」と読みます。


マッカーサー元帥が「あいつはアカン」「とってもヤバイ奴」と言ったとか言わなかったとか・・・


天才参謀と呼ばれた軍人さんで満州事変を勃発させた張本人ともいわれています。


石原莞爾さんには、いくつか名言が残っており内容も過激

マッカーサーさんが恐れをなすのも分かる気がします

・ 俺がアメリカに行くときは日本軍の司令官として上陸する時だ

・ 油がねーからって戦争を始めるとは・・・馬鹿か

極端なアメリカ嫌いで知られる石原莞爾さんですが太平洋戦争には反対だったようです。

山本五十六さんもアメリカとの開戦には反対だったようです。

反対の理由は「勝てないから」だったのでしょう。


石原さんはアメリカも嫌いでしたが軍隊の上司全般と東条英機さんも大嫌いでした。

その代わり部下の体調を気遣ったり衛生用品を調達したりと現場には気を遣う人で部下からの信頼は厚い人だったようです。






帝国陸軍の異端児 石原莞爾


満州の攻略作戦を立案し実行した人


戦争は好きではありませんが、この人が会社の上司だったら、どんなに頼もしい存在か


評価は真っ二つに分かれる人物像で特に上官からは煙たがられていたようです。


戦後日本がアメリカの言いなりになっている時「戦犯はお前らだ」と真っ向から述べている


当時では考えられない発言力ですね。


この人が日本の一番、瀬戸際というべき第二次世界大戦中に要職を外れてしまいます。


そのまま陸軍参謀で残っていたら・・・と思うと日本が楽しく見えてくる。


ワクワク感たっぷりの軍人さんだったようですね。命がけで。


こういう人をモデルとしたドラマか映画が見てみたい、そー思える人物です。


乱暴者だけじゃなく秀才です。



楽天 → 石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 [ 早瀬利之 ]


アマゾン → 石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 (双葉文庫)



合わせて読みたい日本の歴史と戦争

それでも日本人は戦争を 要約

日本国紀 評判 百田尚樹とはどのような人か

戦争の引き金になったと言われるハル・ノートとは

今さら聞けない 核分裂と核融合の違いを簡単に

テロから身を守るには

戦争 株 銘柄


https://blog-imgs-124.fc2.com/n/s/u/nsu2863k1169jod/nsu2863k1169jod.xml
関連記事