さらば銀行 クラウドクレジット - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 仕事・資格・ビジネス » さらば銀行 クラウドクレジット

さらば銀行 クラウドクレジット





【クラウドクレジット】




銀行と言えば信用の塊のような存在で人の人生をも変えてしまうくらい権力や信用力がある


と、思っていたのですが実は内部的には不良債権を抱えて大変な組織も少なくない


ローンや借金をする際は金融機関間の信用調査や与信状態を考慮して貸し付けを行っているのですが


ネットで買い物をする方が増えてくると今までとは少し違った信用力が必要になってくる。


今まではクレジッカードの信用情報がメインだったネットでの取引が信用スコアなるものが、これからは個人の信用状況をはかるうえで重視されていくようだ。


信用スコアが高ければネットでお金の借り入れがスムーズになったり就職や結婚の活動まで有利になるかも知れない。


銀行でお金を借りる場合は取引状況や担保の有無などが必要になるがネットでの信用スコアでは幅広い信用が対象となるため貸しはがしのような状態になりにくい。


つまり銀行の融資係の裁量だけで貸し付けていた古い時代の取引がこれからは通用しなくなるかも知れない。


お隣、中国では信用スコアが主流になっているようだが、国の保護色が強い日本では時代の波には乗り切れていないようだ。


どちらの取引が今の時代に合っているかどうかは置いておくとして、すでにメガバンクでは大幅な人員削減が必要となる見通しです。


銀行では信用のない人でもネットでは信用力がある、って不思議な感覚ですね。


信用力のとらえ方が銀行店舗とネットでは違うようです。


なので「さらば銀行」という本が売れています。


今まで銀行の融資で嫌な思いをした方はネットでの信用力をつけておくのも案外、生き残れる手段なのかも知れませんね。



ゼロ金利が続くと銀行ではお金が増えない、そんな時代が続くと銀行の存在価値自体が問われるのかも知れない

その一方で個人の資産を取り込もうと新たな投資法としてクラウドファンディングが注目されています。

クラウドファンディングを使った投資先はアフリカや南米で銀行からお金を貸して貰えない中小企業や個人事業主たち

新たなマネーの担い手たちは「もう銀行はいらない」と、資金の回らない地方を回り融資する仕組みを作り新たなビジネスを切り開こうと奮闘している。

クラウドファンディングは金融機関がお金を貸す価値のない事業内容を適正に診断し個人の投資家に投資を持ちかけるシステム。

いかに今の金融機関が先見の明がないことが分かったことでしょう。

つまり融資係の裁量ひとづて地方が生き延びれるかどうかがかかっている。

銀行の見方はこう

・ 取引実績がキレイかどうか

・ 担保があるかないか

何もリスクがない、しかも自分の実績を作るために平気でカードを作らせたり定期預金を要求してくる。

あくまでも人の為でなく自分のためである。

こんなシステムなら必要ないでしょう。

ひょっとしたら人の信用を左右する組織だけに「邪魔だな~」と感じている人も少なくないことでしょう。


そんな方は銀行よりもネットで信用力をあげた方がよほど、これからの人生にプラスになるかも知れません。


本書籍の各章の内容は、以下の通りとなっております。

第1章 一人ひとりの小さなお金が世界を変える
第2章 新しい銀行を創ろう〜クラウドクレジットに辿り着くまで
第3章 新しい銀行を創ろう〜起業編
第4章 世界四大陸を飛び回って
第5章 クラウドクレジットの始め方
第6章 クラウドクレジットが創る新しい金融のかたち

東京都都心の書店では本日から数日、Amazon Kindle版は12日、Amazonの書籍および楽天ブックスは13日、全国の書店には1週間程度かかり届く見込みとなっております

この他にも書籍「さらば銀行」では杉山からお客様へ、投資スタイルについてのお薦めをいくつかさせて頂いており、この機会にぜひお求めをいただけますと幸いでございます


楽天 → さらば銀行 「第3の金融」が変えるお金の未来


アマゾン → さらば銀行 「第3の金融」が変えるお金の未来



合わせて読みたい

信用スコア 関連銘柄

お金は寝かせて増やしなさい

投資型クラウドファンディングとは

フィンテックとは わかりやすく


関連記事