フィトケミカル ファイトケミカル 違い - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 健康・サプリメント » フィトケミカル ファイトケミカル 違い

フィトケミカル ファイトケミカル 違い

植物スープや健康食品でよく目にするフィトケミカルとファイトケミカル


実は同じものをさしている言葉で


フィトはギリシャ語で「植物」を意味しファイトはfightではなくphytoで英語で「植物」を意味しています。


フィトとファイト、紛らわしいけど同じ意味合いだったんですね。


ちなみにケミカルは「化学物質」を意味しています。


フィトケミカル、ファイトケミカルは第七栄養素とも呼ばれ近年、重要性が高まっています。


抗酸化作用が主な作用ですが他にも更年期障害や骨粗しょう症予防、動脈硬化の予防、肝機能の改善、ガンの予防、解毒作用、免疫力の向上、抗アレルギー作用、コレステロールの減少など様々な作用が期待されています。


フィトケミカル、ファイトケミカルを含む植物には

ブドウ、大豆、ゴマなどのポリフェノール

トマト、ホウレンソウ、スイカなどのテルペノイド

キノコ類、豆類、ハーブなどの糖関連化合物

トウガラシ、ショウガ、辛み成分などの長鎖アルキルフェノール誘導体


トマトはトマトのままで食べるよりトマトケチャップのように加工されている方が凝縮されています。


熱に強い植物や強い植物があるため調理の際は調理方法や食べ方を工夫します。


名称は一般的にファイトケミカルと呼ばれることが多いようです。


ご自分で野菜スープを作ってみたいという方はこちらの書籍がお勧めです


Amazon → 最強の野菜スープ (抗がん剤の世界的権威が直伝!)



関連記事
トラックバック

https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/4157-4284b458