苫小牧CCS 圧入とその後とは - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

ネットでキッチン用品やインテリア、生活用品をお探しの方におすすめのブログ。水やコーヒーなども出来るだけ安くて人気のあるものを販売しています

TOP >  防災・停電・ペット用品 >  苫小牧CCS 圧入とその後とは

苫小牧CCS 圧入とその後とは

経産省でのCCSへの取り組みと苫小牧CCSについて返信がありましたのでメールの全文を記載しています


平素より経済産業行政にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
先日、webページにお寄せいただいたご質問について、お答えいたします。
----------
苫小牧CCS実証試験は、CO2分離回収から圧入及び貯留まで一貫した国内初の大規模CCS実証試験で、経済産業省から国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通して日本CCS調査株式会社へ委託し事業を実施しています。

本事業では、主に苫小牧港西港区の沖合3kmの海底下約1,000mの萌別層に二酸化炭素を貯留しており、貯留された二酸化炭素は、圧入地点を中心として、水平方向約500m以内の地層範囲に存在していると考えられます。

貯留したCO2の分布範囲を調査するために、2017年に実施した三次元弾性波探査(人工的に振動を発生させ(弾性波)、地質ごとの振動の伝わり方の違いを利用して地下の構造を把握する調査)と、CO2圧入前の探査記録とを比較した結果、萌別層CO2累積圧入量約6.5万トン(2017年の探査を実施した時点)に伴う弾性波探査の変化を検出しました。
この変化はCO2貯留分布範囲を示していると考えられ、事前に実施したCO2挙動シミュレーション(CO2がどのように地層内で広がるか予測したもの)による分布予測結果と類似の傾向を示していることが分かりました。(下記URL(1)の4ページ目 図3をご覧ください。)

また、本事業の実施につきましては、既存のデータや実証試験のために実施した調査結果に基づいて、貯留層評価が行われ、萌別層には十分な貯留能力があること、直上は厚い遮へい層で覆われていることが確認されています。(下記URL(2)の3ページ目をご覧ください。)

ご不明点ございましたら、末尾のお問い合わせ先までご連絡ください。

(1)CO2貯留分布範囲を示す図(日本CCS調査株式会社のホームページより)
http://www.japanccs.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/report_201811217.pdf

(2)CO2を圧入する地層の断面図(日本CCS調査株式会社のホームページより)
http://www.japanccs.com/wp/wp-content/uploads/2012/12/2018-7CCSjisshoupanfu.pdf

苫小牧のプロジェクトなので苫小牧市内で実験してほしいものです。



温暖化対策の一環であるCO2の岩盤への圧入、CCS


ホームページでは一問一答の形式で以下の質問に答えています。


デマで流れた地震への因果関係はなく、どちらというとCO2の漏れの心配があるようですね。


では9月の北海道胆振東部地震以降、CO2の圧入を停止している理由はどのような理由からなのでしょう。


地震への影響がなければ、そのまま圧入を続けても良いのではと思ってしまいます。


CCSを苫小牧に決定したわけ

CO2排出源となる大規模な工場が存在している

過去の石油・天然ガスの地質情報が豊富である

CO2を安定・安全に貯留可能な貯留層の存在が複数確認されている

全国に分布する帯水層のCCSへの利用が期待されている



CCSの具体的なリスクと対策とは

貯留したCO2の将来的な漏れの心配

CO2の貯留状態は常に観測する体制が整っている



もしCO2が漏れたら

自然地震によりCO2が深さ1000mを超える貯留層から漏れ出ることに相当する

地下の石油や天然ガスが地表に噴出したケースは現在のところ確認されていない

漏れ出る可能性が非常に少ないと考えられる

津波などで施設が被害を受けた際も自動で緊急遮断する設備を完備いたします



苫小牧CCSでの圧入期間はどれくらい

2016年から2018年までの三年間で年10万トン以上×三年間で30万トン以上のCO2を圧入する予定

それ以降2020年までの2年間は圧入後のモニタリング期間となっている。



圧入後のCO2はどうなる

そのまま留層中に留まる

貯留層の地層水に溶け込む

鉱物との反応で沈殿する割合が増える

結果、安定して貯留層に定着する



CCSと検索したら地震と出てくるくらいネットでは有名な話なのですが政治家がツイートしたところデマとして一蹴されていますね。

政治家や企業は利権や利害関係が生じるので信頼はできないのですが公平性を保った記事があります。


このままでは東京大地震は必ず来る!苫小牧CCSと地震の関係を指摘するだけではダメだ


CCSを訳すと二酸化炭素回収・貯留となっていますが肝心の「圧入」が説明不足

他国では「地震の懸念」の注釈があるが日本では抜け落ちている

すでに一流の企業が名を連ねているので後戻りできない状態なのかと思ってしまう



◆ 楽天 → 巨大地震は「解離水」の爆縮で起きる! (I/O books) [ 石田昭 ]


◆ アマゾン → 「熊本地震」にみる地震学の矛盾 「父と子による地震問答」 (新地震学シリーズ)


合わせて読みたい

CCSを再考してみる

#ccs [苫小牧ccs] [ccs 地震]
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する