吊るし雛の意味 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

ネットでキッチン用品やインテリア、生活用品をお探しの方におすすめのブログ。水やコーヒーなども出来るだけ安くて人気のあるものを販売しています

TOP >  ベビー・子供・キッズ >  吊るし雛の意味

吊るし雛の意味

吊るしびなが始まったのは江戸時代と言われています。


そのころ、特別、裕福な家庭でもない限り、雛人形はとても高価で貴重なもので、なかなか手に入りにくいものでした。


だけど生まれてきた子供の誕生を願う気持ちはどの家庭でも同じ


なのでお母さんやお婆ちゃん、ご近所の人まで少しずつ小さな人形を作り、持ち寄ってできたのが「吊るし雛」の始まりと言われています。


皆の想いがいっぱい詰め込んで作られたのが吊るし雛

赤ちゃんのお守りとして、とても大切にされていました。


吊るし雛は衣食住に困らないように、という願いから作られているので様々な人形にそれぞれ思いがあるようです。

イノシシは子孫繁栄、無病息災

犬は子宝、安産、健康

糸巻はお裁縫の道具の一つで、お裁縫が上手になりますようにという願いから

羽子板は厄災を払い幸せを招く

イチゴの赤い色は厄除けの意味もあります

ニワトリは古来より縁起の良い鳥と言われています

春駒は子供が楽しく遊び元気に育ってほしいという願いから

また馬には財運に恵まれ仕事が順調にすすむといういわれがあります。







卓上と書いているだけあって小さいですが、細かいところまで本当に丁寧に作られています。

マンション住まいでケースを買おうか迷いましたが買ってよかったです。

何気に感動するくらい可愛い。



吊るし雛も付いているので部屋が可愛らしくなりました。



狭い団地住まいですが孫の守り神のピッタリの吊るし雛です。



毎年、飾るのが楽しみな可愛い吊るし雛です。



◆ 楽天 → リュウコドウ 卓上ミニ輪かざり わらべ雛 1-330


◆ アマゾン → リュウコドウ 卓上ミニ輪かざり わらべ雛 1-330



合わせて読みたい

雛人形 いつからいつまで

どうしても子供がほしい シリンジ法と男女の産み分け

トイザらス・ベビーザらス 楽天

新一年生 入学までに用意したい防犯ブザーと反射リフレクター


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する