スノーボードウェア スキーウェア 違い - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

    なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ スポーツ・アウトドア・エクステリア・ガーデニング » スノーボードウェア スキーウェア 違い

    スノーボードウェア スキーウェア 違い





    冬の楽しみスキーやスノーボード


    ウェア選びのポイントの違いってあるのでしょうか。



    スノーボードウェア スキーウェア 違い


    スキーやスノボも冬山の寒いゲレンデで楽しむものですので防寒着は必要になります。


    スキーやスノボの板や固定具の違いは分かるのですがウェア選びはどのような注意が必要でしょう


    同じウェアでもいいんじゃない? と思ってしまうのですが機能面での大きな違いはあります。


    シルエットの違い

    スキーウェアはスピードを出しても邪魔にならないようにタイトで丈の短いシルエットが多い傾向です。

    スノボウェアはインナーやプロテクターを装着するため「ゆとりのある大き目のサイズ」に作られているものが多い

    スキーウェア → タイトなシルエットでパンツもジャケットも丈は短め

    スノボウェア → ゆとりのあるサイズでパンツもジャケットも長め


    生地感

    スノボウェアは中にインナーやプロテクトを装着するため薄手の生地がほとんどです。

    スキーウェアは中綿入りのものが多く厚手に出来ているものが多いです。


    エッジガードの有無

    スキーウェアの裾にはエッジガードが付いていますがスノボウェアの裾にはエッジガードはついていません。

    ですのでスノボウェアでスキーをすると転んだ時に裾がちぎれてしまうことがあります。


    防水性

    スキーウェアもスノボウェアも防水性はあるものが多いのですが

    スノボウェアはお尻から転ぶことが多いためお尻部分の防水性がしっかりしたものが多いです。


    サスペンダーの有無

    スキーウェアにはサスペンダーは付いていますがスノボウェアにはサスペンダーは付いていません。

    最近は肩紐、サスペンダーを取り外せるものが多くなっています

    サスペンダーにはズボンのずり落ち防止や雪の侵入を防ぐ役割があります。


    パウダーガードの有無

    スノーボードは転ぶことが前提になっているためスノボウェアにはパウダーガードあらゆるところについています。

    雪の侵入を防ぎ体が冷えるのを防いでくれます。



    見た目は同じようなスキーウェアとスノボウェア


    けっこう違いが多いので少し驚きました。


    機能性を重視するならスキーウェア、スノボウェアそれぞれの機能がついたウェアを選ぶのも大切かも知れませんね。



    ◆ 楽天 → スノーボードウェア 43DEGREES スキーウェア 上下セット レディース


    ◆ アマゾン → 43DEGREES 全20パターン スノーボードウェア スキーウェア レディース 上下セット



    合わせて読みたい

    チックスマート 最安値

    トランシーバー 登山

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/4059-96dc8bfd