超硬水とは クールマイヨール - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

    なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◇ ミネラルウォーター・経口補水液・水素水・炭酸水 » 超硬水とは クールマイヨール

    超硬水とは クールマイヨール





    超硬水とは、その名の通り硬水をしのぐ硬度を持つミネラルウォーターのことでデトックス効果が高いことから女性を中心に人気の高いダイエットミネラルウォーターである。



    ダイエットミネラルウォーターとはミネラル分が豊富なミネラルウォーターのことで、ダイエット中の水分とミネラル分を補うミネラルウォーターのことで

    日本ではコントレックスが有名ですがヨーロッパではクールマイヨールの方が人気があるようです。



    硬水 飲みにくいと感じたらクールマイヨールでも書かれていますが、超硬水のコントレックスを初めて飲んだときの感想は「飲みにくい」「マズイ」「全然飲めない」というくらい日本人にはなじみのない味の水である。


    超硬水を買った人の中には箱ごと捨ててしまった、という過激なレビューも少なくありません。


    それくらい日本人には全く不向きな味の超硬水ですがミネラル分が豊富なのは確かで美容や健康維持のため日々努力を続けている方も多い



    クールマイヨール コントレックス 違いでは成分やミネラル分の違い、取扱店の違いがあります。

    コントレックスはコンビニやスーパーなどで取り扱いがあるのですが、クールマイヨールは通販で箱単位の購入になります。


    超硬水と呼ばれているミネラルウォーターを試してみたい方は、コンビニなどでコントレックスを一本だけ飲んでみて味を確認してください。

    コントレックスが飲めるなら、そのまま続ければいいだけですが、コントレックスが「飲めない」「マズイ」と感じた方はクールマイヨールを試してみてはいかがでしょう。


    ちなみに食文化はグローバル化していますが水文化はまだ注目されていないのが常日頃、不満に感じている

    個人的な意見では和食には軟水、洋食には硬水が基本の水文化だと思っているので、肉系の好きな方なら硬水を飲み慣れておく必要があるのでは、と考えています。

    食文化に合わせた水を選ばないから脳梗塞や糖尿病、心筋梗塞などの病気が日本には多いのではないでしょうか。

    和食がメインであれば、今まで通りの水を飲めば良いが洋食が中心なら、やはりその食に合わせた硬度を持つ水を選ぶのがベストだと私は思っています。


    ちなみに超硬水と呼ばれているミネラルウォーターにはクールマイヨール、コントレックスの他にもゲロルシュタイナー、温泉水マグナ1800、エパーなどもあります。

    中には硬度5169mg/Lという超超硬水ドナウォーターというミネラルウォーターまであります。


    ◆ 楽天 → クールマイヨール(500mL*24本入)


    ◆ アマゾン → ゲロルシュタイナー炭酸水 500ml×24本 [並行輸入品]



    コントレックス(1.5L*12本入)【コントレックス(CONTREX)】[コントレックス 1500ml 12本]【送料無料(北海道、沖縄を除く)】楽天で購入コントレックスはカルシウムやマグネシウムなどミネラルが豊富な硬水ですダイエットや美容に良いという硬水なのですがコントレックスにはどのような効果があるのでしょう。コントレックスの硬度は1468mg/Lと超がつく硬水pH値は7.4とアルカリ性の硬水コントレックスはフランスのナチュラルミネラル...
    コントレックス 最安値 1500

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/3911-b781b147