HOME > 防災・停電・ペット用品 > title - 小型ドローン スパーク セルフィー 違い

Article

        

小型ドローン スパーク セルフィー 違い

2019/ 08/ 22
                 



目次

ドローンを災害に役立てよう

ドローンの飛行時は規制やルールを順守したうえ安全に

ドローン規制法とは







大きいドローンは迫力があるけど持ち運びが大変


まるでドラマや映画のロケでもしそうな物々しい装備


そこで今、売れているのがスマホを少し大きくしたくらいの小型のドローン


ドローンの老舗DJIからはスパークという小型のドローンが販売され話題になりましたが更にコストダウンしているセルフィードローンにも注目が集まっています。


両者の違いの最たるものは「価格


スパークは5万円~6万円台と相変わらずDJIは価格が高い

それに比べセルフィードローンは価格が下降中・・・なぜセルフィーの値段が下がっているかというと「売れているから

セルフィーを開発した人はドローンの大きさや価格に不満を持っていた方のようですね。

ドローンをたくさん作ってたくさん売れれば価格が下がるのは嬉しいことです。


▼ セルフィードローン DJIスパーク 違い ▼


H47 Elfie+ ポケット セルフィードローンはGセンサーモードと高度保持機能搭載の小型のドローンである

ドローンはセッティング面倒と思っていませんか?

H47 セルフィードローンは最初にアプリをインストールしてください。

とても簡単です

終わったらバッテリーを装着しドローンと接続詞アプリを立ち上げる

ドローンを飛ばすまでに10秒くらいでしょうか。スゴク早い

価格もさることながら簡単に飛ばせるのが、このドローンの最高なところ

空中に浮かせたらカメラを使いましょう。とても鮮やかな画像と動画が楽しめます

このドローンも当初は3万円~4万円くらいだったのですが、真夏のかき氷並みにたくさん売れるので2万円 → 1万円と価格がダウンしてきています。

楽天やアマゾンでは、もっと安いかも知れません。

商品リンクを貼っていますのでご興味のある方は価格をチェックしてくださいね。

充電時間は約70分で飛行時間は約7分ほどです

操作距離は約40メートルくらいです。



一方のDJI SPARK スパーク FLY MOREは65,000円くらいのお値段のドローン

値段だけ見ると10倍近いですね

飛行時間 約16分
伝送距離 約2km
速度 50km/H

さすがに機能性ではDJIスパークの方が上

プロ仕様のレンズやウルトラスムーズと高品質なカメラを搭載しています


ドローン初心者の方なら前者のセルフィードローンで操作性に慣れて、より長距離を操作したい方には後者のDJIドローンが良いかと思います。


楽天 →  セルフィードローン 1080Pカメラ付き


アマゾン → Holy Stone ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン





楽天 → DJI SPARK (アルペンホワイト)Fly More コンボ フライモアコンボ



関連記事