コンタクトレンズの医療費控除とは | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > ドラッグストア・コンタクト・メガネ > title - コンタクトレンズの医療費控除とは

Article

        

コンタクトレンズの医療費控除とは

2021/ 02/ 06
                 




1日使い捨てコンタクトレンズ ワンデーアキュビュートゥルーアイの最安値を探している方こちらのショップがおすすめ


ワンデーアキュビュートゥルーアイの30枚入り×2の2箱セットは両眼1か月分、30枚入り×6の2箱セットは両眼3か月分となっていて価格もお得になっています。


発送も早くリピートする人が多いコンタクトレンズのショップなのでなかなか人気があるようです。


消耗品だけど、なくてはならないコンタクトレンズ、少しでも安くストックしておくことに越したことはない


品質も間違いない正規品でパッケージも同じだから使っていても安心、ずっと安くなってるので「お気に入り」のショップで登録しています。


コンタクトレンズが初めての方にも好評みたいで安くて安全、意外と知られていないショップですが楽天なので大丈夫でしょうwww


包装も過剰でなく期限も数年先まであるので余裕で使いきれます



確定申告の時期になると気になるのがメガネやコンタクトレンズは医療費控除の対象になるの ? という疑問

遠視や近視などで日常生活を送る場合に購入するコンタクトレンズは残念ながら医療費控除の対象にはなっていないようです。

ただし視力回復が目的で医師の治療を必要となる場合は医療費控除の対象になる可能性があります。

例えば

・ 幼児の視力を上げるメガネを購入を医師から指示された場合

・ 斜視、白内障、緑内障の治療

・ 術後の目の機能回復に必要なメガネ

・ 角膜矯正など特殊なコンタクトレンズの装用

・ レーシックの手術費用

などが医療費控除の対象になっているようですが判断が分からない場合は提出先の税務署などに遠慮なく聞いてみましょう。


▼ メガネ・コンタクトレンズの医療費控除とは? ▼


条件1・・・「医師の治療を受けるため直接必要なもの」であること

メガネやコンタクトレンズの作成費用が医療費控除の対象として認められるには、次の2点を満たす必要があります
・医師による治療を必要とする症状を有すること
・医師による治療が現に行われていること
・弱視
・斜視
・白内障
・緑内障
・難治性疾患(調節異常、不等像性眼精疲労、変性近視、網膜色素変性症、視神経炎、網脈絡膜炎、角膜炎、角膜外傷、虹彩炎)

条件2・・・医療費の総額が原則として10万円超えること

メガネやコンタクトレンズの購入費用の全額が医療費控除として認められるわけではありません。
例えば、メガネ購入費用が12万円であった場合、10万円を超える部分である2万円のみが医療費控除として認められます。
また、メガネやコンタクトレンズの購入費用だけでなく、医師等による診療等を受けるための通院費も医療費控除の対象とすることができます。

メガネやコンタクトレンズの購入費用について医療費控除の適用を受けるためには、確定申告書に「医師の処方箋」と「メガネやコンタクトレンズの領収書」の添付が必要になります


楽天 → ワンデーアキュビュートゥルーアイ90枚パック


Amazon → ワンデー アキュビュー トゥルーアイ 【BC】9.0【PWR】-3.50 90枚入




この記事を読んだ後に読まれている記事

コロナ禍で節約するなら固定費の見直しを

一人になった時に困らないための書類整理

ワンデーアキュビューモイスト最安値 楽天 アマゾン

ワンデーアキュビュー トゥルーアイとモイストの違い

視力回復トレーニング おすすめ

関連記事