ドリップコーヒー レギュラーコーヒー 違い | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 美味しいコーヒーの淹れ方・選び方 > title - ドリップコーヒー レギュラーコーヒー 違い

Article

        

ドリップコーヒー レギュラーコーヒー 違い

2021/ 07/ 22
                 


ドリップコーヒー レギュラーコーヒー 違い


ドリップは「落ちる」「滴る」という意味があります。

ドリップコーヒーはドリップという抽出方法によりレギュラーコーヒーを飲み物としてのコーヒーにしたものです。

ドリップとはドリッパーという器具にコーヒーの粉をセットし上からお湯を注いでコーヒーエキスを抽出する方法です

一方のレギュラーコーヒーとはコーヒーの生豆を焙煎したコーヒーの炒り豆、もしくはコーヒーの炒り豆を挽いて粉にしたものです。

レギュラーコーヒーを飲むには抽出器具で濾したりする必要があり、そのままお湯には溶けません。





珈琲専門店のドリップバッグコーヒー

他店のドリップバッグコーヒーとは、どのような違いがあるのでしょう。

ただ安ければ良い、というのではスーパーなどで探した方が早いかも知れませんが、より味や香りを楽しみたい方ならコーヒーショップにもこだわりを持ちたいものです。


楽天のグルメコーヒー豆専門!加藤珈琲店

怒涛のコーヒー」シリーズは楽天でもランキング上位のコーヒーとしてよく知られている老舗のコーヒー店


▼ 加藤珈琲店の3つのこだわり ▼

・ 素材 → アラビカ種100%の豆だけを使用、ロブスタ種は一切使っていないこだわり

・ 焙煎 → 少量をじっくりと時間をかけて焙煎することで豆本来の個性を引き出しています

・ 鮮度 → 在庫を大量に持たないため、より焙煎したてのコーヒーを提供できるよう努めている


▼ ドリップバッグコーヒーセットの内容 ▼

・ 芳醇な香りマイルドな風味のドリップバッグコーヒー 40袋

・ 深い香りとコクのドリップバッグコーヒー 40袋

・ フローラルでフルーティーなグァテマラ100%ドリップバッグコーヒー 40袋

・ プレミアムブレンド「しゃちブレンド」ドリップバッグコーヒー 40袋

4種類×40袋入りで合計160袋入りのドリップバッグコーヒーセットです。


▼ 加藤珈琲店のドリップバッグコーヒーの楽しみ方 ▼

・ バッグを振り、粉を下に寄せます

・ 線に沿って切り取ります

・ フックを持ち左右に引っ張ります

・ カップのフチにフックをかけミシン目に沿って外側部分を折ります

・ 熱湯を少量注ぎ30秒ほど蒸らし数回に分けて熱湯をゆっくりと注ぎます。


◆ 楽天 → ドリップコーヒー コーヒー 160杯 加藤珈琲


◆ アマゾン → ドリップコーヒー コーヒー お試し 4種類 各20杯合計80杯




あわせて読みたい

カフェ工房 楽天 通販

土居珈琲 通販 公式

mjbコーヒー 缶 緑

源宗園コーヒー 珈琲 楽天市場店

澤井珈琲 楽天


関連記事