キャンプ アウトドア用品選び おすすめの3つのブランド - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

    なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ スポーツ・アウトドア・エクステリア・ガーデニング » キャンプ アウトドア用品選び おすすめの3つのブランド

    キャンプ アウトドア用品選び おすすめの3つのブランド

    [キャンプ用チェア] ブログ村キーワード

    キャンプ・アウトドア・BBQ

    外でのイベントが多くなってくると、それなりの道具も必要になってくる。

    テントやタープ、BBQセットにチェアなど、一つ一つにこだわってチョイスする場合とセットでまとめて購入する場合に選びたいブランドはいくつか知っておきたいもの

    ここではキャンプ・アウトドアで活躍してくれる、こだわりのブランドをご紹介しています


    ▼ コールマン ▼

    コールマンはアメリカのキャンプ用品の製造・販売業者

    元々はランプ業者が前身のコールマン

    私も東日本大震災で初めてコールマンのランタンを買って「ルーメン」の単位があることが初めて知ったお気に入りのブランド

    1942年に米軍から依頼された調理用ガソリン式ストーブが一躍話題になっている。

    この時の完成条件が「マイナス51度~52度の環境で作動し尚且つ1クォートのミルク缶に収まるもの」という厳しいもの
    ※1クォートは概ね1リットル

    この時に誕生したのがGIストーブと呼ばれるものなのだが今は製造権が別のメーカーに移動しているそうです。


    ▼ ドッペルギャンガー ▼

    格安の折りたたみ自転車やテント・アウトドア用品を企画している会社で日本の商社

    ただ製造しているのは中国のようです。

    よくドッペルゲンガーと間違われるようですが、こちらはオカルトです。

    アルゼンチンやインドネシア、タイ、チリなどに販売網を広げ

    スローガンは「己の道を行け、言いたい奴には言わせておけ」

    奇抜なデザインの自転車やタープなどが有名です。


    ▼ キャプテンスタッグ ▼

    日本のアウトドア用品ブランド

    激安キャンプ用品やBBQセット、釣り、登山、カヌーなど幅広いアウトドア用品を取り揃えている

    価格が低価格なので一般ファミリー層に人気のあるブランドです



    キャンプ用品やアウトドア用品のブランドでは先ほども書いている通り品質重視でなければいけない、いわば「生死を分けるもの」を多く手掛けるブランドは高品質で価格も高価になる。

    一方の「生死」までには直接関係がなく数日間、無難に過ごせるアウトドア用品作りをしているブランドは比較的値段が手ごろなものが多い。

    このように自分が目指すところのアウトドアが趣味程度のものなのか、自分の命を預けるものなのかを基準にブランド選びをすると意外と選びやすくなることが多いようです。

    この他にもモンベル、SOTO、ロゴス、ハイランダー、ブリジストンなどの色々なブランドがありますので、価格や品質を吟味しながら選んでみると楽しいものですよ。

    ◆ テント → Coleman(コールマン)

    ◆ テント → D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)

    ◆ ラウンジチェア → キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
    関連記事