パルスオキシメーター おすすめ 正確







◆ パルスオキシメーターによるSpO2測定


正しい測定結果を得るためには


全身の循環動態を簡易的に把握し低酸素血症の早期発見などに使われています


簡単な操作で気軽に使用できると思われがちですが正しく使うにはいくつかポイントがあります。


LEDによる発光部と受光部で挟み込む仕組み。


発光部と受光部が向かい合いノイズなく光が通過できることが大切


指の汚れ・マニキュア・付け爪があるとノイズとなるため測定結果が低く出ることがあります


マニキュアなどは測定前に落としておく方が望ましい、とされています。


測定できる部位は手の指だけではありません


手指が冷たいなどで末梢循環が悪い場合も注意が必要


血流が悪いと十分な情報を検知できなくなるため手指のマッサージをして温めてから測定するか、別のところに変える必要もあります。


測定部位の基本は手の指ですが・・・


足の指、耳たぶで測定することもできます。


耳たぶ測定では1/10程度の脈波ですが四肢での脈波ができにくい場合は有利なこともあります。


裏技的には・・・
クリップタイプで鼻を挟んで測定する
新生児の場合は足全体にセンサーを巻く
などの使い方もできます。


楽天 → パルスオキシメーター オキシシリーズ4色 S-127


アマゾン → シースター パルスオキシメーター オキシシリーズ S-127

関連記事

検索フォーム

カテゴリ