HOME > ドラッグストア・コンタクト・メガネ > title - カラコン 製法 サンドイッチ キャストモールド 違い

Article

        

カラコン 製法 サンドイッチ キャストモールド 違い

2020/ 01/ 08
                 



濡れたような瞳やフチのついているサークルレンズなどカラコンの種類やデザインはとんでもなく進化を続けていますね。

若い女性の間では「つけまつ毛」と「カラコン」はなくてはならい存在のアイテムになっています。

ただ、直接目に入れるカラコンなだけに「安全性」と「着け心地」はとっても気になるところ

そんなカラコンの製造方法から「安全性」と「着け心地」を調べてみると・・・

カラコンの製造方法にある「サンドイッチ製法」と「キャストモールド製法


◆ サンドイッチ製法とは

カラコンの色素をレンズとレンズでサンドする方法です。

レンズ+色素+レンズをプレスし1枚のレンズにします

色素をレンズで閉じ込めているので長時間カラコンを装着しても色素が溶けだし瞳に流れることがないので安全な製造方法と言えます。

ただレンズでサンドしているのでレンズに厚みが出てしまい、着け心地も違和感を感じるというデメリットがあります

サンドイッチ製法は安全性重視の製造方法ということになります


◆ キャストモールド製法とは

キャストモールド製法とはレンズ素材と色素を型に流し込んで固める製法

このとき色素が直接目に触れないようにコーティングしてから型に流し込むので安全性が保たれています。

サンドイッチ製法とは違いレンズの厚みが薄いのが特徴

キャストモールド製法は着け心地重視の製造方法となります


製造方法によるカラコンの違いがお分かりいただけましたか。

安全性重視、着け心地重視などでカラコンを選ぶ際はデザインと一緒に製造方法もチェックしてくださいね。


楽天で人気のカラコンはこちら


楽天 → サンドイッチ製法 2ウィーク カラーコンタクト 1箱6枚入り


楽天 → キャストモールド製法 カラコン ネオサイトワンデー ワンデイ 1day


関連記事