テロと密接な関係にある銃規制の現状を世界別でみた場合 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 防災・停電・ペット用品 > title - テロと密接な関係にある銃規制の現状を世界別でみた場合

Article

        

テロと密接な関係にある銃規制の現状を世界別でみた場合

2020/ 10/ 19
                 




世界各地でテロが起きすぎている

いつ襲ってくるか分からないテロから果たして身を守れるものなのか。

いつなんどき起きるのが分からないテロから身を守る、難しいことのように思えますが今まで起きたテロから傾向と対策を検討してみましょう。

楽しいはずの海外旅行や仕事で止む無く海外赴任になってしまった場合の対処法として海外での行動はどのようにとればよいでしょう。



まず、個人的に出来ることは国内外を問わず「テロは起きる」と想定しておくこと。
テロが起きる、想定しておくことで海外での行動が違ってきます

・夜の外出はしない
・映画館やレストランではトイレを確認するように「非常口」を確認しておく
・自分の判断を信用することも大切
・地面に伏せたり物陰に隠れたりして標的にならない
・隠れる際はレンガ造りやしっかりした壁などに隠れる
・自分から見えるときは相手からも見える
・携帯の着信音は消音にしておく

・不幸にも弾に当たった場合は動かない
・安全な道路が確保されている場合は重い荷物を置いて出来るだけ遠くへ逃げる
・テロが発生した場合は第二、第三のテロに備え人混みを避ける、公共交通機関は使わない

・一般人は犯人に立ち向かわない方が賢明
・テロ犯に交渉は不可能に近く攻撃する準備はしておくことも必要

などとされている


楽天 → Risk Control Corp, TACTICALレベルIV対ライフルAP防弾プレート(テロ対策用)



テロと密接な関係にある銃規制の現状を世界別でみた場合


日本 → 狩猟用の銃を除き民間人の銃の所持は禁止

アメリカ → 規制の度合いは州こどで異なるが規制が緩い

中国 → 市民の武器の所持は禁止、場合により死刑

韓国 → 許可を取れば入手できるが銃の部品を警察に預けなければならない

イギリス → 銃器不法所持の罰則は日本より厳しい罰則がある

スイス → 兵役中は自宅で保管することができる

フランス → 銃乱射事件に伴い規制が強化されている


ドイツ → 銃規制は日本同様厳しいが合法的な所持率は高い


カナダ → 所持は可能だが携帯は出来ない

フィンランド → 規制はされているが国民皆兵制度により銃は多い

ブラジル → 世界で二番目に銃の所持が多い国

アメリカは銃の規制が緩いとされておりブラジルは自分の家族は自分で守るという意識が強い国だという。

いずれにしても民間人が銃を所持することが許されている国へ渡航する際は文化の違いも前もって勉強しておいた方が良さそうである。


楽天 → 市民と武装 アメリカ合衆国における戦争と銃規制


▼ こんな記事も読まれています ▼

戦争 株 銘柄



関連記事