赤ちゃんがおもちゃを舐める理由はちゃんとある - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ベビー・子供・キッズ » 赤ちゃんがおもちゃを舐める理由はちゃんとある

赤ちゃんがおもちゃを舐める理由はちゃんとある





何でも口の中に入れて遊んでしまう赤ちゃん


最近のベビーグッズは天然素材で作られているオモチャに人気がありますね。


しかし、赤ちゃんは何で口の中にモノを入れてしまうのでしょう?


親御さんからしてみれば「汚いからヤメテ」って思ってしまうのですが、実は赤ちゃんの成長過程で必要不可欠な行動なのだそうです。


今は衛生用品や除菌グッズなどが氾濫しているのでオモチャの除菌や殺菌にも役立つものが多いのですが一昔前までは
畳の目地を赤ちゃんに舐めさせると良い」という教えがありました。


この行為は適度に雑菌に触れさすことで免疫力を高める、として病気にかかりにくい体を作るのに良いのだそうです。


・ 雑菌を口の中に入れることで体の中に抗体が作られます

・ 一度体の中で作られた抗体は記憶され体を守ってくれます


赤ちゃんには抗体の記憶が無いためお母さんの母乳を通して抗体を与えられます

でも赤ちゃんは自分で抗体を作っていかなければいけないので「なめる」という行為で抗体を作るのに役立つというものです。


その他の「なめる」行為を通して役立つことに

・ 口を動かすことにより脳の活性化に役立つ

・ モノをなめることで身の回りの世界を知ることになる

何も分からない赤ちゃんは「なめる」ことで外の情報を取り入れている、ということになっているようです。

それでも、口の中にモノを入れてしまう赤ちゃんにはプラスチックでできているオモチャよりは天然の素材のオモチャがいいような気がする。



◆ 楽天 → 【Im TOYアイムトイ】木のおもちゃ


◆ アマゾン → I'mTOY 指先レッスンボックス


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/1706-54ed4010