自転車タイヤ 空気の入れ方 | なんでも屋 通信販売 ネットショッピング
HOME > 車・バイク・自転車 > title - 自転車タイヤ 空気の入れ方

Article

        

自転車タイヤ 空気の入れ方

2018/ 08/ 26
                 



自転車のタイヤの空気はちゃんと入っていますか?


タイヤの空気が少ないと「パンクしやすくなる」「横滑りしやすくなる」「ブレーキの効きが悪くなる」など危険がいっぱい。


自転車に乗るときはタイヤの空気量とブレーキの効き具合、サドル高の調整をしましょう。



自転車タイヤ空気の入れ方


1.タイヤのバルブを上側にすると立ったままで空気が入れれます


2.バルブキャップを外します ※転がりやすく風に飛ばされて失くさないようにしましょう


3.バルブの先端のネジを緩めます ※空気の通り道を確保します


4.バルブの先端を一瞬プシュッと押してあげる ※バルブの中でパッキンが固着している場合があります


5.空気入れの口金をセットします ※口金には種類がありますので必ずロック、固定されたことを確認します


6.ポンプを固定する脚・ペダルをしっかり押さえてフルストロークが基本 ※ストロークの速さはいりませんが確実にポンピングします、特に一番下まで押し込むことが重要です。


7.空気圧管理 ※スポーツバイクに乗るのであれば空気圧計が付いた空気入れは必須です
楽天市場 → 大橋産業 BAL ツインシリンダーフットポンプ(足踏み式空気入れ)


※パンク防止剤シーラントを入れている場合の空気の補充時はバルブ位置は上が絶対条件
バルブが下のままで空気を抜くとシーラント材が空気と一緒に噴出しますので気を付けてください
楽天市場 → マルニ工業 『Y-601』Y-601 パンク防止剤 290ml


通販サイトの自転車用空気入れの一押しはパナソニック パナレーサー


楽天とアマゾンのパナレーサーはこちらより


◆ 楽天市場 → 【自転車】Panasonic Panaracer【パナレーサー】楽々ポンプ BFP-PSAB2


◆ Amazon → Panaracer(パナレーサー) 楽々ポンプ [ブラック] エアゲージ付 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-PGAB1-LH


関連記事