病気がみえる 循環器 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム »  » 本・写真集・電子書籍 » 病気がみえる 循環器

病気がみえる 循環器





体の循環器の病気のことを詳しく知りたい、というときに便利な病気が見えるシリーズの循環器版


医学生や看護学生さんの試験勉強にも役立つガイドブック


もちろん自宅で家庭用医学の情報として循環器の病気を簡単に調べることが出来ます


知り合いの看護師を目指しているお子さんに頼まれて本屋さんで探していたんですが、なかなか全巻が揃っていなかったり、専門書は意外と重いものが多く初めてネットで買ってみました。


知り合いの子によるとこの病気が見えるシリーズはとても見やすくて分かりやすくお気に入りなんだ、といってました。
この循環器の本も将来のためにきっと役立ってくれることでしょう。


ACS 急性冠症候群 

ACS 急性冠症候群は心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠動脈にできた動脈硬化性の粥腫じゅくしゅ・・・の突然の破裂により血栓が形成され冠動脈の血流が減少あるいは途絶して起こる。

ACSという呼び名は独立した疾患名ではなく臨床的には不安定狭心症、急性心筋梗塞、心臓突然死などを指す。

狭心症や心筋梗塞などの疾患は冠動脈の粥腫による硬化を基盤として発生し粥腫の増大につれ冠動脈内腔が徐々に狭められ内腔が75%以上狭窄すると労作性の狭心症が起こるとされてきました・・・


虚血性心疾患 

よく聞かれる「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」といいます。

「虚血」とは「血がない状態」を意味します。

つまり心臓に十分血がいきわたっていない状態が「虚血性心疾患」・・・


急性心不全 

心臓のポンプとしてのはたらきが急速に低下して全身の血液の流れが滞る状態のことです。

心臓のポンプ機能のうち肺から血液を吸い上げる力が低下することで肺にうっ血し酸素交換が悪くなることから呼吸困難になります。

全身に血液を送り出す力が低下するので口唇や皮膚が紫色になるチアノーゼが起こる。

血圧が低下する状態は心原性ショックといわれ適切に治療をしないと生命の維持が困難になります


楽天市場 → 病気がみえる vol.2 循環器 [ 医療情報科学研究所 ]


アマゾン → 病気がみえるvol.2循環器


[病気がみえる 循環器][病気がみえる シリーズ][病気がみえる シリーズ medic media][病気がみえる シリーズ 楽天][病気がみえる シリーズ まとめ買い][病気がみえる シリーズ メディックメディア][病気がみえるシリーズ][病気が見えるシリーズ 本][病気がみえるシリーズ 楽天][amazon 病気がみえるシリーズ]
関連記事