スクールロイヤー制度とは スクール弁護士 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム »  » ↳ 子供を賢く育てる » スクールロイヤー制度とは スクール弁護士

スクールロイヤー制度とは スクール弁護士





スクールロイヤーとは学校で起きるイジメや保護者とのトラブル等を法的に解決する弁護士です。


文科省はスクール弁護士を300人配置する方針を固めています


教育事務所などに拠点を置き市町村の教育委員会からの相談を受け付ける


2020年度からスタートを目指しており財源は地方交付税を活用する考えのようです。


今まで野放しだったイジメや学校でのトラブルが法的に処理しやすくなるのは良いこと。


ただ、教育委員会で雇われるので保身や学校側だけの味方にならないか不安な要素も多い


教師の体罰も指導の一環とか、また生徒からの暴力も指導力不足で処理していたものが学校に法律が入り込む取り組みの一歩として注意深く見守っていきましょう。


学校と保護者・生徒間の間に弁護士が入ることによって一定の線引きができるようになるし


違法なクレームには法的措置も取りやすくなる。


海外ではいじめ加害者は病気の扱いをする国が多く、日本のように被害者が泣き寝入りする前に加害者側を診療したり場合によっては強制的なプログラムが組み込まれているようです。


スクールロイヤーの採用で、まずはいじめ加害者の根絶を目指しましょう。


楽天 → やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる DVD [ 神木隆之介 ]


アマゾン → やけに弁の立つ弁護士が 学校でほえる [DVD]



イジメや虐待で悩んでいる場合の相談先

24時間子供SOSダイヤル 0120-0-78310

子供の人権110番 0120-007-110

都道府県警察の少年相談窓口 
https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/syonen/soudan.html

児童相談所 全国共通ダイヤル 189

虐待かもと思ったら189番へ

日本いのちの電話連盟 0120-783-556 ※ナビダイヤル 0570-783-556

18歳までの子供がかける電話 チャイルドライン 0120-99-7777

※ 0120から始まるフリーダイヤルは料金がかかりません。が公衆電話からかける場合は最初にお金をいれますが通話が終わると戻ってきます。

#いじめ #イジメ
関連記事