今から準備したい老後資金 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 株・FX・為替・投資 » 今から準備したい老後資金

今から準備したい老後資金







人生100年時代と言われても果てしなく遠くてピンと来ないかも知れませんが


必ず来る


きっと来る


すでに来ている


政府や金融庁の話は高齢者のタンス預金をどうにか引き出そうという魂胆が見え見えなのですが、老後は誰にも必ずくるのは間違いない。


統計問題で信頼を失っている政府の報告書によると65歳以上の夫と60歳以上の妻の無職世帯では毎月5万円の家計の不足が出ているという。


更に30年の人生が残されているとしたら試算では2000万円が必要なのだという。


毎月の支出の再点検や資産運用などで今ある資産の寿命を延ばす努力が必要になります。


積立投資は精神的にラクなのは知っていますか?


株を積み立てるドルコスト平均法だとリスクを抑えながら株や投資信託を積み立てられます。


ではどのように資産の寿命を延ばせばよいのか


金融庁の提言では以下の通り


現役バリバリ世代

・ 少額でも資産形成の道筋をたてておく

・ 長期的な資産運用の重要性と有効性を知っておく

・ 信頼できるアドバイザーや長期的に取引できる金融サービスを選ぶ

・ 自分の会社が持ち株制度をしているなら検討してみましょう。


退職前後期

・ 住居費、生活費の安い地方への移住も選択肢にいれておく

・ 受け取れる退職金や年金を確認しておく

・ 老後資金が不足する可能性がある場合は就労の継続も視野にいれる

・ 資産の目減り防止や計画的な取り崩しを検討しておく

・ 退職金の中から毎月積み立てることができる投信もあります


高齢期

・ マネープランの見直し ※老人ホームへの入居や医療・介護費用など

・ 認知・判断力の低下を考慮し資産の管理方針を事前に決めておく

・ 資産の管理方針や通帳の保管場所などを信頼できる人と共有しておく。


すでに始めている方も多いとは思いますが

現役で働いている世代や高齢者になっても、マネープランはどの世代でも大切です。

確かに現金で持っているのが一番安心できますが将来の目減り分も考慮しなければいけない時代にきていると思う。

以前はなかったNISAやファンドなども有効に活用しながら長い人生を生き抜きましょう。


駐車場シェア → コスト0円で始められるスペースビジネス「特P」



関連記事