成長ホルモン 大人 子供 違い - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 健康・サプリメント » 成長ホルモン 大人 子供 違い

成長ホルモン 大人 子供 違い


成長ホルモンと聞くと子供の成長に欠かせないホルモンとして有名なのですが


実は大人にも重要なホルモンだっていうことをご存知でしたか。


成長ホルモンは新しい細胞を作る時に必要で細胞の成長を促しダメージを受けた細胞の修復、再生を行ってくれます


また、疲労回復、脂肪燃焼、免疫力の向上といった効果もあります


健康な体と肌を作るカギは睡眠時に多く分泌される成長ホルモンが握っていると言われています。



子供の成長ホルモンとは

・ 睡眠

・ 運動

・ 食事

特に睡眠は昔から「寝る子は育つ」と言われている通り、睡眠と成長に密接なかかわりがあります

背が伸びるという成長ホルモンは眠っている間に最も多く分泌されるため十分な睡眠をとる必要があります

統計的には欧米人に比べ日本人は睡眠時間が短め

日本人の平均身長が世界的にみて低いひとつの理由が睡眠時間の短さにあるのではないかと言われています。

そー言えば中学生のころ一年くらい入院していた兄貴の身長が退院時には20cmほど伸びていたのには驚かされました。

あれも成長ホルモンのお陰なのでしょうね。

成長したかったら「よく寝ましょう」ね。





大人の成長ホルモンとは

成長ホルモンには身長を伸ばす働きの他に代謝という重要な役割があります

私たちが生きていくうえで体内でエネルギーを作ることは欠かせません

成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

つまり成長ホルモンは子供から大人まで必要なホルモンと言えます

大人になって成長ホルモンが出なくなる原因として脳腫瘍や原因不明のものが多くなっています。

成長ホルモンの分泌パターンでは思春期後期をピークとし加齢とともに減少していきます。

思春期後期の成長ホルモンを200%とすると60代では30%にまで減少してしまいます。

30代、40代で約50%にまで成長ホルモンは減少します。

「なんだか成長ホルモン足りてないな~」と感じたときはサプリメントやマイクロニードルパッチで補ってみてはいかがでしょう。



◆ 楽天 → 新HGHサプリ スーパーHDプレミアム (20包入り)成長ホルモン


◆ アマゾン → Apropoly HGH マイクロニードルパッチ 1箱 30パッチ入り


関連記事