sas 睡眠時無呼吸 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 寝室・寝具・睡眠 » sas 睡眠時無呼吸

sas 睡眠時無呼吸


睡眠時無呼吸症候群 SAS


睡眠時無呼吸症候群とは眠っている時に呼吸停止、低呼吸の状態を引き起こす病気のことです。


以前、勤めていた会社の先輩に睡眠時無呼吸症候群の方がいらして

たまたま一緒の部屋で寝ることになったのですが、そりゃ~大変な目に遭いました

はっきりいって同じ部屋では寝れません。無理です。

しかも宴会の席でお酒が入っていたものだから、そのイビキというか呼吸が止まっているというか

寝ているコッチまで息苦しさを感じます。

ご本人は発症していても気づかないため翌日には「すまん、すまん」と謝ってはくれましたが

「二度と同部屋はご免」と心に深く刻んだ記憶があります。


この睡眠時無呼吸症候群は日本で200~300万人にものぼると推定されています。

発症の一因として挙げられているのが肥満

長距離バスやトラック運転手の方がこの病気を発症すると、とても危険なので国交省でも対策が行われているそうです。

肥満の他にも

・ 扁桃肥大
・ 首回りに脂肪のつきすぎ
・ 上気道への舌の落ち込み

などの原因がありCSAは脳による呼吸コントロールがうまくきかなくなることもある、という恐ろしい病気の一つです。


家族など身近な方が気づくケースがほとんどで

本人が自覚できることといえば日中の強い眠気や夜間の頻尿などがあります

また無呼吸による起床時の頭痛もあるようです。



睡眠時無呼吸症候群の治療にはマウスピースやCPAP、外科手術があげられています。

家族からの指摘で睡眠時無呼吸症候群の疑いがある時は早めに受診してください。


楽天 → 睡眠時無呼吸症候群診療ハンドブック [ 榊原博樹 ]


アマゾン → 睡眠時無呼吸症候群の診療メソッド―睡眠呼吸障害の集学的治療



合わせて読みたい睡眠のこと

イビキ防止 睡眠時無呼吸症候群とは

昭和西川と東京西川の違い

睡眠不足 睡眠負債 違い

睡眠市場が拡大している理由と質の良い睡眠

看護師 夜勤がきつい

関連記事