授業中でも水を飲める学校になってほしい理由 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ベビー・子供・キッズ » 授業中でも水を飲める学校になってほしい理由

授業中でも水を飲める学校になってほしい理由





皆さんは学校の授業中に水を飲んでもOKの学校でしたか?


私が通っていた学校はすべてNOでしたが、その当時はあまり疑問にも思っていませんでした。


ただ時代が変わるにつれ私が常日頃、疑問に思っているのが学校の授業中の水飲みの禁止がとても不思議。


何がダメなのかは分かりませんが昔から授業中に水を飲んではダメでした。


家にいるときは「水を飲みなさい」「水分補給しなさい」とうるさいくらい言われるのに学校ではダメ


ただ自分の子供が学校に通うようになると、そんな昔のルールは「何の意味があるの?」という疑問が沸々と湧き上がってきます。


例えば夏の熱中症予防で水筒はOKだけどインフルエンザの時期に喉が渇いても授業中はNG


学校の先生だって乾燥する季節には喉を潤したくなるでしょうし、黒板の前で生徒に指導しなきゃならないので喉も乾く。


生徒も質問に答えるときは緊張して喉が渇くし少しくらい喉を潤したくなる


休み時間に飲めばよい」と言われるが風邪やインフルエンザ、乾燥する季節は、いきなり喉の渇きがくることもある。


何だか人間らしい扱いではない。軍隊のようである。「ガマンせい」の精神なのでしょうね。


不思議だけど、そんなルールが多い学校ばかりですね。


授業中に水を飲むメリットとデメリットを無理やり上げてみると


授業中に水を飲むメリット

・ 熱中症・脱水症予防になる

・ 喉が渇いている時はウイルスが侵入しやすい

・ 喉がイガイガして集中できない時にスッキリできる

・ ひょっとするとインフルエンザの流行を最小限にできるかも知れない。


なんだか、人間の生死に関わるような事柄が多いような気がしますね

ただ授業中に水を飲むデメリットもいろいろとあるようです。


授業中に水を飲むデメリット

・ 先生もガマンしているから生徒もガマンすべし

・ 水を飲むことで集中が途切れる

・ 水を許可すると他の飲料も要求されそうである

・ 水を飲む時の音が不快

・ 低学年の子供は水をこぼし、授業どころでなくなる。

・ 休憩時間を有効に活用すればよい

・ 水をガマンさせて忍耐力をつける


メリットよりもデメリットの方が多いようですが、生死にはあまり関わらい内容が多いようです。


ただ私の家の近くの小学校では「緑茶はOK」という学校もあります。


緑茶のカテキン効果を期待して決められたそうですが、エッ緑茶? と思わず聞き返していましたが


本当に緑茶のみOKなそうです。


小学生に緑茶か~と思いましたがインフルエンザの流行期だけということで何だかホッとしました。


あれやこれや迷うよりも「水のみOK」の方が親も面倒でないし子供の健康面でも心配がひとつ減る。


人間の体は60%が水分だということですが児童ならもっと水分量はたかいでしょうね。


小中学生のカバンの重さが話題になり「置き勉」がOKな学校も増えてきています。


同様に子供の命を守る授業中の水飲みが浸透してくれることを願っています。


◆ 楽天 → 命の水 垂水温泉水 寿鶴 500ml×20本


◆ アマゾン → 希望の命水(めいすい)2L 36種類の生体ミネラル水



合わせて読みたい

重水素減少水 効果

飲むマイナスイオンと呼ばれる電子水の効果とは

ナノバブルウォーターの驚くべき効果とは

授業中に水を飲んだらダメかい?

関連記事