スマホで若者の斜視が増加か ? - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ベビー・子供・キッズ » スマホで若者の斜視が増加か ?

スマホで若者の斜視が増加か ?

黒目が内側に寄る「急性内斜視」という症状

この症状が10代の若者を中心に増加しているのだとか

一度、発症するとなかなか治りにくいといわれる急性内斜視には気をつけたいものです。

子供の急性内斜視は昔からある病気なのですが、ここ数年、増加傾向にあり

スマホとの因果関係も疑われているようです。

と、いうのも子供の急性内斜視を研究している国立成育医療研究センターの報告によると

スマホなどの過剰使用により斜視の発症や悪化を招く可能性がある」と論文を発表しています。

特に10才以下の子供が要注意でスマホとの距離が15cm~20cmで使うと危険が伴う距離だと思う、と指摘しています。


目は近いものを見るときは黒目が内側に寄る動きになるためスマホの長時間の利用で固定されてしまう恐れもあるそうです。


10才以下の子供の目は発達が不十分で弱視になってしまったり、一生続く障害を作ってしまう可能性があるため小さな子供がスマホを使う時は注意が必要とのこと。

更にスマホと急性内斜視の関係を調査していくそうです。

じゃ~どれくらいの距離でスマホを使えば良いのかというと・・・

・ 30cm以上離して使う

・ 1日4時間未満

の、使用が望ましいということです。

また、「片目で見る方が見やすい」は斜視の前兆と考えられているそうです。

大切なお子様の目を守るためにもスマホやゲームの使い方には注意したいものです。

今現在、お子様の目の様子が気になる方は眼科に相談した方が良いかも知れません。





日本ではアイパッチの名前で呼ばれているオルトパッドはドイツ製


視力アップトレーニングなどで使っている方もいらっしゃり、知らない人から見ればオシャレをしているみたいです。


つける本人が嫌がらないので親としては助かっています


遠視や複視などにも剥がれることもなく1日着けていられます。


苦痛なアイパッチ生活が少しだけ気が楽になっているようです。


◆ 楽天 → オルトパッド ガールズ 50枚入り 斜視弱視訓練用眼帯


◆ アマゾン → 【斜視】【弱視】 オルトパッド 斜視弱視訓練用眼帯



関連記事 スマホ 強化ガラスフィルム 全面保護 ブルーライトカット

関連記事 今さらながらのスマホ依存と認知症

関連記事 子供の睡眠障害 深刻

関連記事 視力回復トレーニング ホームワックとは

関連記事 小さな子供が眼帯を使わない方が良い理由とは


関連記事