マヌカハニーと蜂蜜の違い 数値の意味は - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » 健康・サプリメント » マヌカハニーと蜂蜜の違い 数値の意味は

マヌカハニーと蜂蜜の違い 数値の意味は





医師も驚く!! 蜂産品の相加、相乗効果!!

マヌカハニー、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツバチ花粉の混合は

あなたの健康維持の必需品です





風邪のひき始めかな? 何だか喉の調子が悪い、という時にマヌカハニーを召し上がっている方も多いのではないでしょうか。


ハチミツのようなマヌカハニー、素朴な疑問ですがマヌカハニーとハチミツの違いが気になります。


マヌカハニーのマヌカとは花の名前でニュージランドに自生する野生植物のことです

その花の蜜がマヌカハニー


マヌカの花の種類はたくさんあります

ニュージーランドの先住民は薬としても使っていたそうです。

マヌカはマオリ語で「復活の木」という意味があるそうです。


結局のところマヌカハニーもハチミツなんですね。


でもマヌカハニーを食べた方ならご存知と思いますが「味が濃い」と思いませんか?

通常のハチミツは万人受けするために調整しているのですがマヌカハニーは水分量が他のハチミツよりも少なく味が濃いのが特徴です。

ハチミツの甘ったるさよりも高級なスイーツや表現が良くないかも知れませんが薬のような味わいも感じられます。


初めてマヌカハニーを食べた人は「これはハチミツ以上かも」と直感的に感じるのかも知れません。

またマヌカハニーは熱や光に強いため明るいところに放置したり、紅茶などに入れて飲んでも栄養素は壊れないのだとか

これは他のハチミツと違いますね。

一般的なハチミツは熱に弱く45度を越えたあたりから分解され殺菌効果が徐々に弱くなってしまいます。


ハチミツ全般に言えることは殺菌効果があるということ

傷口に塗ったりするのは可能ですが体内の殺菌には向いていないという。


マヌカハニーには過酸化水素による殺菌効果とメチルグリオキサールの殺菌効果が期待されています。

黄色ブドウ球菌の殺菌効果ではマヌカハニーの数値がずば抜けて高いことが分かっています。

また、マヌカハニーはピロリ菌の駆除にも効果が期待されています。

マヌカハニーは抗菌、殺菌力の高いハチミツということが分かりますね。


マヌカハニーの数値の意味は

マヌカハニーにはMGO400+とかUMF15+とかの数値が表記されています。

UMFとは → 殺菌作用を示す規格で数字が大きいほど抗菌作用が強くなります

MGOとは → 成分そのものの含有量を示した数値のことで数値が大きくなれば含有量が多いということです。


マヌカハニーは医療目的で使う場合もありグレードが高くなれば値段も高額になります。

健康目的でマヌカハニーを選ぶ際は

UMF10以上、MGO250以上を目安にマヌカハニーを選ぶのが良いみたいです。


楽天とアマゾンで人気のマヌカハニー


◆ 楽天 → マヌカハニー 10+ 250g (MGO 263〜513相当)


◆ アマゾン → マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 250g


関連記事 マヌカハニー効能 喉

関連記事 マヌカハニー 効果効能

関連記事