小さな子供が眼帯を使わない方が良い理由とは - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ベビー・子供・キッズ » 小さな子供が眼帯を使わない方が良い理由とは

小さな子供が眼帯を使わない方が良い理由とは

[眼帯] ブログ村キーワード




最近、眼帯をしている人をあまり見かけなくなったと思いませんか。


眼科医の勧めでは、幼い子供


3才、4才までの乳幼児に対して眼帯は絶対にダメ、という厳しいご意見が多い。


眼科医の間では常識になっているようですが、小児科医の中には知らない先生もいるのだそうです。


小さな子供に眼帯を勧めない理由としては

・ まだ目の働きが完成していない

・ 視力機能が発達段階にある

などの理由があるそうなんですが

幼い子供に片目だけ数時間程度、眼帯をしただけで斜視や弱視になる可能性もある、ということです。


目が腫れたり赤くなったりしているのだから、親御さんにとっては心配でつい眼帯を使ってしまうケースも多いのですが

このような場合は眼科の診断を受ける方が賢明のようです。


また、眼科医では常識のことでも、ちゃんと小児科医が理解できていなければ、あまり意味のないこと。

なかなか伝達しにくい情報かも知れませんが、子供の視力に関わることなので連携はスムーズに行われてほしいものです。


小さなお子さんを持つ親御さんは

目の異変に気付いたら眼科を受診したほうが良いのかも知れませんね。


弱視を治療するために眼帯やシールをつけて訓練する方法もあるそうです。


◆ 楽天 → 知っておきたい子どもの目のケア


◆ アマゾン → FMS 眼帯 シルク 弱視 斜視 視力矯正 保護眼帯 アイマスク


この記事を読んだ後に読まれている記事

眼帯を使う人が減っている

成長期の子供の変化を見逃さない

子供の睡眠障害が深刻な状況に

視力の低下による視力回復トレーニング ホームワック

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/3806-ed2fa484

成長因子で発毛促進