目を守る3つのポイントとは - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ドラッグストア・コンタクト・メガネ » 目を守る3つのポイントとは

目を守る3つのポイントとは

[視力の低下] ブログ村キーワード


パソコンのし過ぎやスマホ三昧、夜間の勉強と目を使うことが多くなっている現代


私たちが取り入れる情報は80%以上が目からと言われています。


▼ 目を守る3つのポイントとは ▼

ポイント1

時々、遠くを眺める

これは目の緊張をほぐしてくれます。

・長時間、パソコンや本を近くで見続けていると毛様体筋が緊張して疲れます
・時々遠くを見ることで毛様体筋が緩み緊張をほぐしてくれます
・ 近くを見る作業を1時間続けたら15分間くらいは遠くを眺めて目を休めましょう

ポイント2

しっかりと睡眠をとる → 目と脳を休ませます

目を開けている間はずっと脳も働き続けています
目と脳をきちんと休ませるには睡眠が大切です。
目の疲れ=脳の疲れ

ポイント3

バランスの取れた食事を摂ることで目の働きを助けてくれます

ビタミンA → 光を感じる物質の生成
ビタミンB1 → 視神経の働きを助けます
ビタミンB2 → 疲労回復に役立ちます
ビタミンB12 → 目の調節機能を助けます

※目に必要な栄養素が不足しないような食事を摂りましょう


▼ 目に良いとされる飲み物や食べ物 ▼

ビタミンAが含まれるウナギ・レバー・卵・チーズなど

ベータカロチンの多い緑黄色野菜 ニンジン・ホウレンソウ・ブロッコリー

ブルーベリー → アントシアニン

ルテイン → ケール・ホウレンソウ・ブロッコリー

この他にもアイブライト、メグスリノキなどハーブティーやお茶も有効です。


こんな記事にも注目

近視・乱視・老眼・疲れ目に最適「ピンホールアイマスク」

老眼鏡 ブルーライトカット おすすめ

視力の低下による視力回復に悩んでいる方に人気のトレーニング ホームワックとは


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛