いじめ 第三者委員会 評判が良くない - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ベビー・子供・キッズ » いじめ 第三者委員会 評判が良くない

いじめ 第三者委員会 評判が良くない

[いじめの原因] ブログ村キーワード


子供のイジメ問題で重大なイジメがあったときに設置する第三者委員会


本来ならイジメ加害者、イジメ被害者に対して中立の立場で設置されるはずの第三者委員会が


いじめ被害者に対して更に追い込むような組織になっているという。


まず第三者委員会を設置する組織は教育委員会・・・これがまずおかしい話だ。


学校側を守ろうと働きかける教育委員会が第三者委員会を設置しても中立性が保たれるワケがない。


文科省は何故、教育委員会を選んでいるのか疑問が残る。


中立性が保たれなければ当然、いじめで自殺した人を「思春期うつ」などと診断してしまい。


被害に遭われた親御さんは自分の子供を二度、殺された気持ちになってしまう。


この第三者委員会の人選は事件と関りがない有識者となっていますが


実態は「学校が選んで雇った、教授や弁護士」たち


この人たちが果たして「学校の管理が悪い」と言えるでしょうか。


学校側と柵がベッタリの人選ですからね、中立性なんてまるでなし。


これじゃ~イジメ被害に遭われた親御さんは事実も追及できぬまま暗澹たる日々を送らなければいけません。


第三者委員会のシステムを根本から改める必要があるし、こんな法律はさっさと改定して欲しいものだ。


今のシステムは教育委員会を守るためだけのシステム


こんな第三者委員会が本当に必要なものなのか。


当事者の立場にたった問題解決が望ましい。


いじめ加害者は加害者なりの言い分があるだろうし、不幸にもいじめ被害者になられた方は自分の子供が何故、自殺にまで追い込まれたのか「本当のこと」が知りたいでしょう。


こんな本質を踏みにじる存在の第三者委員会など不要だし邪魔である。


◆ 楽天 → 第三者委員会 設置と運用 [ 本村健 ]


◆ アマゾン → 教育委員会改革5つのポイント―「地方教育行政法」のどこが変わったのか


こんな記事にも注目

国の奨学金制度に給付型創設とは

学歴社会 子どもへの影響

子どもの貧困 福岡県の取り組み

いじめ加害者にならないためのプログラムとは


#第三者委員会 #地方教育行政法
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛