今さら聞けない 災害の警報の種類と避難の種類 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 防災・停電・ペット用品 » 今さら聞けない 災害の警報の種類と避難の種類

今さら聞けない 災害の警報の種類と避難の種類

気象庁から災害時に発令される警報や注意報

避難の情報など、よりきめ細かく知らせてくれるのはいいのだが、「どこで逃げたら良いのか」判断に迷われている方も多いのではないでしょうか。

▼ 特別警報 ▼

重大な災害が発生する可能性が高く警報の基準を遥かに超えている最大級の警戒

数十年に一度の災害が起きる可能性が高い

・大雨 ・大雪 ・暴風 ・暴風雪 ・波浪 ・高潮


▼ 警報 ▼

重大な災害が発生する恐れのあるときに警戒する予報

・大雨 ・洪水 ・大雪 ・暴風 ・暴風雪 ・波浪 ・高潮


▼ 注意報 ▼

災害が発生する恐れがある時に注意を呼び掛けている予報

・大雨 ・洪水 ・大雪 ・強風 ・風雪 ・波浪 ・高潮 ・雪 ・濃霧 ・なだれ 融雪 ・霜 ・低温


第一段階の注意報は天気の変化の注意をよびかけるもの
第二段階の警報は重大な災害が起きる可能性を呼び掛けるもの
最終段階の特別警報は重大な災害の危険性が高まっている状態で最大限の警戒が必要



▼ 避難準備情報 ▼

避難に向けた準備が必要な場合に発令
避難勧告や避難指示に切り替わることもあるので情報には注意が必要


▼ 避難勧告 ▼

強制力はありませんが自治体の指定する場所への避難が望ましい場合に発令
移動中に危険が伴う場合はあえて避難しないことも考慮に入れます。


▼ 避難指示 ▼

災害の危険性が差し迫っている場合に発令
速やかな避難が望ましい


第一段階の避難準備情報では事態の推移を見極め行政の情報に注意する必要があります
第二段階の避難勧告では避難が望ましいが避難先までの危険度の有無を判断する必要があります
最終段階の避難指示では速やかな避難が望ましい






こんな記事にも注目

市場ではすでに戦争は始まっている

Jアラート エムネット 違い

玄関のドアや鍵の不具合 防犯対策も兼ねて修理

地震警報器 ewr200 yew-r100 違い

風が強い時の雨具には傘よりもポンチョやレインコートがいい


#台風 #特別警報 #避難指示
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつ毛育毛剤通販 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー