核攻撃から身を守る方法 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 防災・停電・ペット用品 » 核攻撃から身を守る方法

核攻撃から身を守る方法

[核攻撃] ブログ村キーワード




アメリカと北朝鮮による壮絶な駆け引きが続いていますが、日本においても北朝鮮から見ればアメリカの一部としか見られていません。

当然、武器や弾薬の補給路を北朝鮮は容赦なくピンポイントで狙ってくるでしょう。

加えて首都圏への核攻撃の心配も懸念されます。

日本が核攻撃された場合、私たちはどのように対処すると良いのでしょうか。


▼ 核攻撃された場合の対処法 ▼

核爆発で威力を発揮するのが閃光と爆風と放射能

核攻撃では爆心地の距離によって被害が大きく違います

◆ 半径2.5km圏内のグランドゼロでは致死率90%以上と言われています

このエリアにいて閃光を見ただけで苦痛を感じることなく消えます

◆ 屋外で爆発を受けた場合、地下に逃げ込みます

地下へ逃げた場合は肌の露出を控え、地上の外気の届きにくい場所でしゃがんでやり過ごします。

◆ 鉄筋コンクリートなど強固な建物の中心部に逃げ込みます

ビルなどの堅牢な建物の中心部で窓などの無いトイレなどに逃げ込みます。

◆ 北朝鮮からミサイルが到達するのは10分弱、場所によっては6-7分

PAC3での迎撃は難しいかも知れません。

◆ 自宅にいた場合はトイレ・お風呂・倉庫などに逃げ込む

窓から出来るだけ離れた場所で爆風によるガラス片の飛散を受けないようにします。

◆ 熱線の被害に遭わないためには

肌の露出を避け、金属類のアクセサリー・時計類は外します、白い布を身にまといます。

◆ 爆発後は放射能の心配をします

できるだけ爆心地から離れ、放射能の被ばくを最小限にとどめるようにします。

運よく地下室や倉庫などに逃げ込めた場合、屋外を歩き回るよりは数時間から数日間、屋内で留まる方が安全な時もあります。


▼ 核攻撃を受けた場合シェルター代わりに使える建物 ▼

・地下鉄、地下街の出入り口に遠い場所

・コンクリートで覆われた屋根、壁がある建物の中心部

・鉄筋コンクリートでできた本がビッシリと並んでいる図書館

・テナントが多く仕切りの多い大型のビル


◆ 屋外での移動は安全な場所が5分以内なら即刻移動。30分以内を移動する時間のメドにする


◆ 車での移動はNG、徒歩か自転車での移動



▼ 楽天で売られている放射能から身を守るモノ ▼

防護服 → デュポン (タイベック防護服)タイベックソフトウェアー・TV−3型

カーテン → 放射能対策 カーテン ファブリシールド

浄水器 → Seychelle セイシェル 携帯浄水ボトル 放射能除去フィルタータイプ

放射能測定器 → エステー エアカウンターS 家庭用放射線測定器 ガイガーカウンター


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 戦争で上がる株 銘柄


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつ毛育毛剤通販 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー