絵本 いのちをいただく - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ベビー・子供・キッズ » 絵本 いのちをいただく

絵本 いのちをいただく

[いのちをいただく] ブログ村キーワード

いのちをいただく

生き物を殺して食べるというと子供がお肉を食べ無くなったり、他の食品にも不必要なな気持ちで接するようになるのは怖いことです。

が、実際に食肉加工センターで働く食肉解体の仕事に携わってきた著者の熱い気持ちが伝わる絵本

この絵本を通して食の大切さや生命の尊さが伝わってくれることを願います。

この本を書いた方は牛や豚など食肉として生きている家畜たちのことを殺す、とは言いません。

解体の際には「解く」「倒す」などの表現で食肉になる動物たちと向き合っています。


ある日一頭の牛が解体されるために食肉センターへ搬入された日のこと。

言葉を話せない牛の瞳から大粒の涙がポロリと流れたという。

なるべく怖がらせず、痛い思いをさせずに「命を解く」



自分たちの仕事に誇りを持っている彼らにも非難、中傷する人はいるという。

自分たちは毎日の生活の中で焼き肉やしゃぶしゃぶなど美味しそうに食べているのに食肉解体業者には冷たい言葉を浴びせるという。

中には食肉解体の仕事に就いているということで結婚を破談にされた気の毒な方もいらっしゃる。

高い衛生管理と肉を解体する技術に誇りを持っている彼らにはさぞかし辛い日々もあったでしょう。



ですが、人は食べなければ成長できません。

食肉という運命を背負って人間に食べられることを目的に飼育されている動物たち

事実を伝えるのが難しい話題でもありますが絵本という形で本当の生命の尊さを伝えられたら幸いです。

子供達ばかりでなくママさんパパさんにも読んでいただきたい一冊です。

楽天ブックス → 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 [ 坂本義喜 ]

amazon → 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)

※ 内田 美智子 → いのちをいただく


レビューポータル「MONO-PORTAL」
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつ毛育毛剤通販 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー