ドローン 免許 資格 規制 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ スポーツ・アウトドア・エクステリア・ガーデニング » ドローン 免許 資格 規制

ドローン 免許 資格 規制

[DJI] ブログ村キーワード

ドローン規制法とは

航空法の一部が改正され平成27年12月10日よりドローン、ラジコン等の無人航空機の飛行ルールーが新たになります。

一部のエリアにおいては国土交通省の許可が必要になりますので飛行の際は注意が必要です

概要といたしまして

・航空機の航行の安全に影響を及ぼす空域
・落下した場合に地上の人などに危害を及ぼす恐れが高い空域
などでドローンなどの無人航空機を飛行させる場合は事前に国土交通大臣の許可を受ける必要があります

これらの許可なく「人口集中地区での飛行」「150m以上の飛行」「空港周辺での飛行」をした場合は最大で50万円の罰金が科せられます

具体的な内容等については国土交通省のホームページで詳しく掲載されていますので、これからドローンを飛ばしてみたい、と考えている方は必ず一読してください。

参考ページ 国土交通省 : 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール


ドローンを飛ばすための資格や免許は必要?

2016年10月現在においてドローンを飛ばすための免許は必要ありません。

資格では民間企業の行っている「ドローン検定」があり検定を受けなくてもドローンは飛ばせることはできます。

参考ページ ドローン検定協会 株式会社 : ドローン検定


Amazonの書籍 →ドローンの教科書 - 無人航空従事者試験(ドローン検定) 標準テキスト 3級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)


ドローン PHANTOM 4で有名なDJIから発売されているコンパクトだが高性能なドローン Mavic Pro

折りたたみ式のドローンで、かなり高性能だというMavic Pro

小型なドローンだが通信距離が最大4kmの距離で動画の撮影が可能になっている。

障害物自動回避機能が付いている

正確なホバリングが可能

飛行距離時間は最大で約27分間、通常使用であれば約21分間の使用が可能

映像は滑らかで写真は鮮明なので追加のカメラ機材は不要

アクティブトラックを使えば被写体を自動で追いかけてプロ並みの撮影が可能


楽天 ドローン Mavic Pro

Mavicを自分に向けたらジェスチャー撮影も可能

集合写真や室内でドローンを飛ばすときは「ゆっくり」飛ばすことも可能、トライポッドモードをオンにするだけで「ゆっくり」と正確に飛行ができます。

ドローン操作で気になる点と言えば「低く飛びすぎる」こと、Mavicは自動的に地上から同じ高度で留まることができる。

Mavicはスローで優美に撮影したいときでも時速65kmのスポーツモードでアクティブに撮影したい時でも、どちらでも対応してくれる。

スマートフォンでの操作も可能です。


楽天市場 → 予約受付★【DJI正規代理店】DJI Mavic Pro Fly More Combo ドローン セット【宅急便送料無料】

[ドローン 規制][ドローン 許可][ドローン検定]
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつ毛育毛剤通販 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー