中国機に対するスクランブル発進が増えている - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 本・写真集・電子書籍 » 中国機に対するスクランブル発進が増えている

中国機に対するスクランブル発進が増えている

[南シナ海問題] ブログ村キーワード

防衛庁の発表によると中国機に対する日本の自衛隊機のスクランブル発進件数が増えている

昨年同時期よりも80回以上増えている

※参考ページ → 対中国機の緊急発進増加=統幕長が異例の言及

航空自衛隊の役割の一つである空からの防衛では通常から即応体勢を敷いており敵の航空攻撃をいち早く察知し国民と国土の被害を防ぐことを目的とされている。

高高度侵入機に対しては → 高高度用ミサイル・自衛隊機
低高度侵入機に対しては → 低高度用ミサイル・自衛隊機

などで即応体勢を整えている

また武装した戦闘機を空中で待機させるCAP=空中警戒待機で敵機の接近に即応できるようにしている

※参考ページ → 空からの防衛 航空自衛隊について

著書 南シナ海の領土問題では

・中国の海洋戦略とアジアの安全保障
・南シナ海の諸島
・南シナ海問題の経緯
※第二次世界大戦まで
※第二次世界大戦以降
・南シナ海の地域性と戦略性
・南シナ海の領土支配
・南シナ海の多国間協力
・南シナ海の管轄と安全保障

など歴史的、地理的、戦略的見地から南シナ海を分析している

楽天ブックス → 南シナ海の領土問題 [ 浦野起央 ]


著書 尖閣を獲りに来る中国海軍の実力では日本の海軍力を分析し自衛隊の防衛の仕方などを詳しく書かれている

・緊迫する尖閣諸島海域
・増強著しい中国海軍
・中国海軍の狙い
・中国の「南シナ海聖域化」戦略
・海上自衛隊の実力
・中国海軍と海上自衛隊の真の実力
・中国と有事にどう対処すべきか
・日中尖閣沖海戦

お互いの主張を相容れない尖閣問題、もっと国同士の話し合いを持たれる方が良いのではないでしょうか。
それとも十分な話し合いが行われた結果が現状ならば同盟国などと協力し改善を図らなければいけない。

楽天ブックス → 尖閣を獲りに来る中国海軍の実力 [ 川村純彦 ]

アマゾン → 尖閣を獲りに来る中国海軍の実力―自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書)


[南シナ海問題 日本][川村純彦 軍事評論家][中国海軍の実力は][防空識別圏 中国 スクランブル]

[わが闘争] ブログ村キーワードヒトラーが獄中で書いたとされる「わが闘争」何故にこの時代に出版されなければならないのか買うことをお勧めできない本としても有名な本でバイエルン州では出版禁止の法令も出たほど忌み嫌われている本である。ヒトラーのイデオロギーが凝縮されたページ数782ページの「わが闘争」であるが、そのほとんどは「憎しみ」から生まれていると言っても過言ではないだろう。ただ、今のヨーロッパにおいて「...
わが闘争 本

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛