歌が上手い、と言われる5つのポイント - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ ゲーム・音楽・CD・DVD » 歌が上手い、と言われる5つのポイント

歌が上手い、と言われる5つのポイント




歌が上手い人と下手な人の違いって分かる方いますかね・・・


音痴っていうのは何となく理解できるのですが、どこをどう工夫すれば歌が上手くなるのでしょう。


色々と調べていくうちに、なんとなく違いが見えてきました


1.歌唱力を上げる → 喉で歌うのではなくお腹から声を出すトレーニングをする

喉が大きく開いている、※アクビをしている感じの状態。

舌に力をいれすぎない。

前傾姿勢になり過ぎず姿勢は正しく。


2.メロディを正確に歌う → いわゆる音痴の人の中には音階を正確にとらえていない人が多い、好きな曲一曲だけでも数十回ほど歌いこなしてみる。

音のピッチを確認しながら曲を覚える。

音の出だしから正確な音で始まるようにしましょう。

音がジャンプするコツをつかむ。

音を覚える作業の繰り返しです。

勇気をもって声を出す練習をしましょう。


3.リズム、ノリを良くする → メトロノームを使ってリズムを刻む。

体全体でリズムを感じる。

ブレスのタイミングは正確に。

リズムを意識しつつ伸びやかに歌うようにする。


4.音域を広げる → 実際に声を出してイメージする。

高い声には奇声を上げてみるのも大事ですが続けないこと。

低い声のイメージはアクビを想像する。

キレイに歌うことが出来なければキーを変えて歌ってみる。

音域を広げるうまさよりも歌っていて心地よく表現できる方を優先させます。


5.感情を入れて歌う → 呼吸のタイミングもリズムに組み込む。

音を伸ばす、大きな声で歌う場合は必ず大きく息を吸い込みます。

ブレスのタイミングや呼吸量の大小がノリに変わっていきます。

自分が意識しているよりも大げさなくらいにコントロールしましょう。

最初のうちは声を大きく出す部分をより強調して歌うようにしましょう。


ざっくりと5つのポイントに絞られるようで一つ一つクリアしていくしか方法が無いようですね


歌ウマの文章は理解できるのだが・・・まぁポイントをまとめていますので参考にしてみてください・・・


◆ 楽天 → パワーブリーズ プラス

◆ 楽天 → パワーブリーズ プラス 3タイプから選べる

[ボイストレーニング 本][ボーカルトレーナー ローランド][パワーブリーズ 楽天]

[ピアニスト] ブログ村キーワード何かピアノの演奏で心に残るもの・・・とお探しの方にお勧めのピアノCDです。天平さんというピアニストをご存じでしょうか?国内というよりも世界を股にかけて活躍しているボーダレス・ピアニストで世界のクラシック音楽アーティストの中でも常に注目を集めているピアニストなんです。この天平さんは異色の経歴を持つ人で5才から習い始めたピアノなんですが幼少のころから少年期はケンカばかりに明...
ピアニスト 天平

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nsu2863k1169jod.jp/tb.php/1604-f0585a3c

成長因子で発毛促進