メタンハイドレート 実用化 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◆ 本・写真集・電子書籍 » メタンハイドレート 実用化

メタンハイドレート 実用化

[メタンハイドレート] ブログ村キーワード

日本の長年の念願である「資源大国」という夢

この夢をかなえてくれる資源の中にメタンハイドレートが上げられている

ご存じの方も多いと思うがメタンハイドレートはメタンを主成分とする化石燃料のことで「燃える氷」として有名である。

その採掘方法の環境へのリスクから「悪魔の資源」とも揶揄されている。

政府の方針としては2018年度までに商業化を目指すとされています。

当初は太平洋側で研究されていたメタンハイドレートでしたが近年は日本海側の方が結晶状で分布されており低コストで採取できるとされ実用化できれば相当な安価で販売できるだろうと期待されています。

メタンハイドレートのメタンは温室効果があるとされ地球温暖化に問題があるという意見と資源として燃やしてしまえば、むしろ温暖化対策になるという意見の両方がある
また採掘の際に地震の誘発を引き起こすという意見と震源よりも浅いので可能性は低い、という意見もあり今後の研究が望まれている資源でもある。

領土問題では中国と韓国がそれぞれ主張しているが本質はメタンハイドレートを含む地下資源が目的とされています。

今後、シェールガスとメタンハイドレートは新しい天然ガスとしてますます注目度が高まっていくことでしょう。





楽天市場 → anbuy 燃える氷 BURNICE バーニス 4個入り

楽天ブックス → 希望の現場メタンハイドレート [ 青山千春 ]



アメリカで盛んに開発されているシェールガスですがお隣の国、中国でもシェールガス開発に力を入れています。インフラ整備の遅れなどは課題として残っているようです。中国、各地にもシェール層が点在しており膨大なエネルギー資源として期待されています。埋蔵量の規模も世界規模で推定134兆立方メートルのうち約25兆立方メートルが採掘可能とされています。中国政府は19鉱区の探査権の二回目の入札を行い16社が落札、いずれも中...
シェールガス革命 問題点

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
まつ毛育毛剤通販 Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー